帰ってきたぼくらのウルトラ冒険少年画報 (7)

待望の映画「シン・ウルトラマン」が5月13日から公開されました。
正(まさ)しく待望していた私だったのですが、どうにもこうにも映画館に足を運ぶ時間が捻出できず、未だ鑑賞に至っておりません。
本来なら公開前に書いておくべき事前情報を、今更ながらですがおさらいしたいと思います。

予告編などによると、「怪獣」は「禍威獣」の字があてられ、「科特隊(科学特捜隊)」は「防災庁」に属する「禍特対(禍威獣特設対策室専従班)」となっています。
例えば「バルタン星人」などの様に「○○星人」と呼称されてきた地球外生命体の宇宙人は、確か「外星人」と呼ばれていました。ウルトラマンはもちろん、ちらりと登場する「ザラブ星人」らしき影も、謎の男が差し出す名刺の上におどる文字「メフィラス」も、おそらくこの「外星人」なわけです。

という事で今回は、以前の「ウルトラマン」に登場した主な地球外生命体(多分、映画のストーリーに関わっているであろう「外星人」を含めて)をいくつか、振り返って並べてみました。

ベムラー。「ウルトラマン」のオープニングを飾った宇宙怪獣です。
ウルトラマンは宇宙での護送中にベムラーに逃げられ、逃亡先となった地球にベムラーを追ってやって来ます。

ザラブ星人。

「遊星から来た兄弟」として人類に極めて友好的に接触してきた宇宙人ですが、陰では夜な夜なウルトラマンになりすまし(にせウルトラマン)て街を破壊し、人類のウルトラマンに対する信頼を失墜させようとします。

メフィラス星人。
ウルトラマンと互角の戦闘能力を有しています。一人の少年から「地球侵略許可の鍵となる言葉」を引き出そうと試みますが失敗、ウルトラマンに再訪を誓い帰っていきます。

最終回、ウルトラマンを倒した唯一の怪獣(宇宙恐竜?)となったゼットンです。

彼は誰でしょう?
科特隊基地に人間に化けて侵入、破壊工作をします。それがばれて隊員に追跡され、撃たれて絶命。彼の断末魔の指令がゼットンを発動させます。


「シン・ウルトラマン」観ましたら、感想などを記してみたいと思います。
その時また、お付き合い下さい。

「帰ってきたぼくらのウルトラ冒険少年画報 (7)」への2件のフィードバック

  1. なつかしいですよねーウルトラマン! 写真のフィギュアはあみのさんの私物ですか ?

    ついでと申しては何ですが、本日電子書籍版の夢幻紳士の新刊が出てました。なんか久しぶりにドキドキしてしまいましたよー。あみのさんもそろそろ・・・( *´艸`)なーんて

    1. コメントありがとうございます。
      フィギュアは私の拙いコレクションです。高価なものではなくて、全て五百円以下で買った食玩やガチャです。
      「夢幻紳士」ですね。久しぶりに葉介さんの作品に思いを馳せました。感謝します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。