悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (90)

第三夜〇流星群の夜 その四

全世界で毎日一万人以上の死者を数え始めた頃には、どの国を問わず浮足立っていた。
各国の政府は、内政の維持と国民の不安を出来るだけ取り除く事に躍起になったが、死者数は日を重ねるごとにうなぎ上りに増えていった。さらには「石の様になったすべての遺体」から放射線が出ている事実が報告されると、デモや暴動が頻発した。無差別テロや軍事クーデターもあった。
誰もが、手をこまねいたままではいられなくなっていた。ぼんやりとではあるが、世の終焉を意識せざるを得なくなっていたのだ。

そんな時、声を上げ始めたのが宗教関係者や環境保護団体であった。
「謎の病とそれに伴う死」は、人類の今までの愚かな振る舞いに対する「神の裁き」とか、「天罰」と呼ばれた。
地球温暖化対策だけでは到底おぼつかないとして、「地球上での人類の存在そのものを問う」意味合いの運動が展開された。
また、まったく成果の上げられないでいる疫学(えきがく)の分野以外から、「謎の病」への幾多の考察がなされた。
ある心理学者はこの病を「集合的無意識」下での感染であると唱え、人類の無意識の深層に潜んでいるものこそ今の状況を生み出している病原体であると主張した。集合的無意識とは、ユング心理学に登場する概念で、人類全体が共有している無意識の深層にある普遍的領域のことである。つまりその普遍的無意識領域で発生した感染は、人類と呼ばれているすべての人間に及ぶであろう可能性を、明らかに示唆(しさ)するものであった。
ネット上では、「ゴッホのひまわり」の文字が飛び交っていた。どうも「ゴッホの描いたひまわりの絵を見た経験のある人間が感染し、石になって死亡している」と言う意味の流言飛語(りゅうげんひご)の類(たぐい)だったが、いくつかの書き込みに触れてみると、次から次へと更なる情報を求めてしまう連鎖性の生じる、奇妙な説得力があった。
ゴッホのひまわりは七点の作品が知られているが、そのどれもが花瓶に活けられたひまわりの静物画である。ところがこのあまりにも有名な絵画は、次の解釈の下、人々から恐れられる存在となって騒がれていたのだ。「ゴッホのひまわり」では、「花瓶は人間の体」、「ひまわりの花は病原体」を意味していて、「花瓶に刺さったひまわり」の描写はつまり、「感染」を暗示しているのである。また、ゴッホの特異な筆使い( 筆ではなく、こてかも知れないが )の、絵の具がキャンバスにこってりと練り込まれて、まるでかさぶたみたいに乾いた様相が、石化する( 石になってしまう )イメージに重なるらしい。精神の病に苛まれながらも絵筆を取り続け、37歳で突然の死( 拳銃による自殺だったと言われているが )を迎えるまでの、あまりにも壮絶なゴッホの生涯を背景に、「ひまわり」を見た人々への呪詛(じゅそ)みたいな効果をもたらしているのだった。
「ゴッホの描いたひまわり」の人を石に変えて死亡させる力は、美術館や個人が所有する実物だけが持つものではないらしい。写真など世の中に出回っているあらゆる複製、ネットに情報としてアップされた画像もすべて含まれるらしい。また、目にする事で感染してから発病するまでの時間が人によってかなりの個人差がある様で、40年前の小学生の頃に学校の美術室に飾られていた「ひまわり」を見ていた過去を持つ男が昨日死んだり、上映されていた映画のワンシーンのバックの壁にさり気なく「ひまわり」がかかっていて、それを見ていた観客が座席に体を沈めたまま石になって発見されたと言う事例が記されていた。
冷静に眺めてみれば、すべては真実味の欠片もない戯言(たわごと)で、一笑に付すこともできる。しかし、誰もそうはしなかった。日々悪化の一途をたどる世界の情勢に、人々はもはや冷静ではいられなくなっていたのだ。

「謎の病」による死者数は全世界で一億の大台を超え‥‥、更にその倍の二億人になるまでには‥、一ヶ月とかからなかった。

次回へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。