木霊 continue (4)

 

 

 

 

 

 

 

 

ご覧いただいたのは「木霊」の続編で増刊ヤングジャンプ漫革1998年2月20日号に掲載された「木霊 10YEARS AFTER」読み切り34ページの前半の一部です。
手元に原稿が無いため、雑誌から転載処理しました。
全部を再び皆様のお目にかけるには、加筆が必要と考えていますので、折々にご覧いただくつもりです。

メニュータイトル「木霊 continue」でお気づきの通り、木霊には20年後の更なる続編・新作が存在します。そちらの方も何かの形で発表していくつもりでおりますのでご期待ください。

「木霊 continue (4)」への2件のフィードバック

  1. 何と「木霊」の続編を描かれていて掲載されていたとは。網野先生のファンを公言する者として既知していなかったとは至らなさに申し訳ない気持ちとうれしい気持ちが入り混じっている今日この頃であります。5ページ目の作品の舞台の旧校舎と新校舎の風景を1ページで見せているシーンとても好きです。この続き是非読みたいですね~。
    先生の単行本未収録作品が「網野成保 作品集1」という感じのタイトルで単行本化されるのを自分の眼が黒いうちに(まだ40半ばですが)実現するのを願ってやみません。ワクワクしますね。
    それではまた。

    1. コメントありがとうございます。
      「木霊2」の続きを読みたいとのお問い合わせが他の方からもありました。
      最新作の「木霊」をより面白く読んでいただくためにも、頃合いをみてブログ上で全編お目にかけたいと思います。
      お待ちください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。