木霊 continue (3)

「木霊」で自分のお気に入りのシーンは、11P~14Pのトリッキーなページ展開です。
後に、映画「羊たちの沈黙」(1991年、第64回アカデミー賞受賞作)のクライマックスで同じ映像トリックが使われていて、自分もつくづく映像を創る側の人間なんだなぁと一人悦に入っていたのを覚えています。漫画を描き出したのも、もしかしたら映画を絵とコマ割りで表現したかったのかもしれません。

「木霊」のテレビ映像化の話をいただいた時、自分の漫画が実写化されることが人一倍うれしかったのはそういう思いがあったからだと思います。
それに何よりの喜びだったのは、送られてきた台本のスタッフ表を見た時でした。

1998年、関西テレビ放送制作「学校の怪談G」の約30分尺の一編「木霊」は、脚本が高橋洋氏、監督に黒沢清氏の名前が記されてありました。

高橋洋氏は、映画「女優霊」(1996年)、「リング」(1998年)の脚本を手掛けた方で、オリジナルビデオ(後に映画化される)「呪怨」(1999年)、「呪怨2」(2000年)の監修もされています。言わば「Jホラー」の担い手の一人、皆さんご存知の通り「リング」「呪怨」は、後にハリウッドでリメイクされました。
「女優霊」「リング」はまさにホラーの教科書で、いったい何回見直したでしょうか。

黒沢清監督は、映画「CURE」(1997年)、「回路」(2001年)などの作品を撮られていて、最新作「散歩する侵略者」は先日公開されたばかりです。私も「CURE」からの大ファンです。
何度も見直そうと「CURE」のビデオを買い、最近発売されたDVDももちろん買い求めました。「cure」の意味を辞書で引きなおした時、「治し」と同時に「司祭」の意味があることを知り、唸り声を上げた記憶があります。
今でも「CURE」は日本のホラー映画の最高傑作だと信じています。

両氏に「木霊」を映像化していただいたことは、自身の作家人生でも最良の出来事の一つでした。

初見は放送時で、テレビに映し出された映像を見てやはり感激しました。
私の原作にはない細かなニュアンスがさりげなく盛り込まれ、全編独特の空気が漂います。教室のドアにかかった揺れるカーテン、床に残った黒い人型のシミ、廊下を包んでいく邪悪な闇。血の赤がなく、まるで恐怖が色彩を奪っていくような「絵」でした。

ありがとうございました。
「木霊」を指名していただいたスタッフの皆さん、高橋洋氏、黒沢清氏、両氏にこの場を借りて感謝の言葉をお伝えしたいと思います。

次回は「木霊」の続編について書いていきます。

「木霊 continue (3)」への4件のフィードバック

  1. 巷で「木霊」が映像化されたとは聞いていましたが黒沢氏と高橋氏が関わっていたとは驚きました。
    当時は映画や小説その他の媒体でホラーものが流行っていましたね。「リング」の原作も読みましたが新感覚ホラーという感じで面白かったです。話題になりましたねサダコ。映画では何故か主人公が女性に変えていて?な感じでしたが。それ以外でも当時かなりの数のホラーもの読んでいたような気がします。
    自分にとって因縁のある先生の作品「カゴメ」。両氏が映像化されたらどんな作品になるのか想像すると楽しくもありまた夢でもあります。

    「学校の怪談G」。アマゾンで探しましたが3900円台。網野先生のファンを公言するからは是非購入すべきですが40半ばとは思えないほど低月給の身(世知辛い世のせいにばかりしたくはないですが)。何とか手頃な値段のものを探して購入する予定です。「CURE」も見たいですね(見たかな?)。
    それではまた。

    1. コメントありがとうございます。
      以前ネット上で高橋洋氏が「木霊」を面白がっていたコメントを読んだ覚えがあります。
      もしかしたら高橋氏が「木霊」を指名してくださったのかもしれません。
      「学校の怪談G」はDVD化されなかったようです。残念です。

  2. 再度アマゾンで確認したら先生の言われた通りVHSでした。地デジに移行した6,7年前だったらビデオデッキ持っていたのに・・残念であります。しかし「CURE」でしたらDVD等でありそうなので手頃なお値段だったら購入して鑑賞したいですね。黒川清氏、高橋洋氏の他の作品も。

    それではまた。

    1. 昨年、復刻版DVD「CURE」「回路」が発売されています。
      黒沢清氏は相米信二監督の助監を務めた事があった為か、独特の長回しが映像の個性を引き立てています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。