悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (92)

第三夜〇流星群の夜 その六

だいぶ後になって彼女から打ち明けられた話だが‥‥‥‥‥
彼女の母親が都内の自宅で亡くなったのは、大学での一件があってから丁度十日たった朝の事だったらしい。

前日は日曜日で、彼女は両親と家族三人揃って夕食を済ませたそうだ。
彼女の母が体の不調を訴え始めたのは夕食の後片付けの最中で、母は「何だか体が怠(だる)くて重たい」と、居間のソファーに座り込んでしまったらしい。
彼女と彼女の父は当然、母が単純に疲れているだけだとは思わなかった。既に情報として周知されていた「謎の病」の症状が、まさしく倦怠感(けんたいかん)だったからである。
嫌な予感しかしなかった彼女は、すぐに救急に電話しようとスマホを手にした。しかし、父はそれを制した。
彼女の父は大手製薬会社に勤務していて、「謎の病」に関しては一般の人間よりも遥かに多くの情報を持ち得るポジションにいたらしい。その父が黙って首を横に振り、娘を見つめた。
「取り敢えず‥・母さんをベッドまで運ぼう。手伝ってくれるかい?」

二人ががりで母をベッドに寝かせると父は傍らに跪(ひざまず)き、母の片手を取って、自らの両手で優しく包み込んだ。
「心配はいらない。ゆっくり休むといいよ」父の言葉に母は小さく頷いて、ゆっくりと目を閉じていった。
彼女は、母の体の動きや反応が見る見る緩慢(かんまん)になっていくのを強く感じていた。彼女も母の手を取りたかったが、ずっと体も手も小刻みに震えていて、目から涙が溢れ出していた。それを母に悟られまいと彼女は、隠れる様に父の背中に顔を押しつけ嗚咽(おえつ)し続けたそうだ。
家族三人は‥‥‥、日付が変わってやがては空が白むまでそうしていた。
父が背中にしがみついていた彼女に向き直り、彼女の肩にそっと手を置いた。彼女は泣きはらした目で父を見、横たわる母を見た。今まで父が握っていた母の片方の手が、少しだけ宙に浮いたままの状態で静止していた。母の体が、すっかり硬くなっているのが分かった。

「‥お母さんは‥‥生きてる?」震える声で彼女は父に問いかけた。
父はそれには答えず、代わりにこう言った。「これから、父さんが考えている事をおまえに話しておく。聞いてくれるかい?」
彼女は小さく頷いた。

「父さんには今世界で広がりつつある病気が、感染症だとは思わないし、人がその原因を突き止めて治療できる病気だとも思わない。だから昨夜(ゆうべ)おまえが救急車を呼ぼうとした時、止めたんだ。母さんは連れていかれて隔離されるだろうし、もう会えなくなる可能性があったからね」
彼女は父の言葉に少なからず納得した様に、傍らのベッドに横たわる母を見た。
「父さんは仕事の関係上、今回の病気の件で数えきれない程の情報を集めてきた。病死したとされる遺体の解剖データや報告、所見なども入手し、分析してみた。それが驚いた事に、未だに満足な解剖も出来ず、僅かな細胞サンプルすら採取するのも難しいらしいんだ。レーザーメスやダイヤモンドカッターでさえ、硬くなった遺体に傷ひとつつけられないでいる。それが現状らしい。信じられるかい?石の様だと言うが、石より硬い。この世に砕けない石など存在しないはずだからね‥‥・」父は少し間を置き、ここからは自分の直観とイマジネーションから導き出した推論だと前置きした上でこう続けた。
「父さんは‥・、今こうして目にしている異変を病気だとは考えない。これは現象だ。病気にかかって死亡したとされている人々は、何か特別な条件がそろってしまい、我々の今いる世界から乖離(かいり)した状態に陥っているのだと。だから彼らはだだ、石の様に硬くなって動かなくなっただけで、死んでいないのではないかと‥考えてるんだ‥‥‥‥・」

次回へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。