悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (77)

第二夜〇仮面 その二十一

慌てて駆け出して1分もしないうちに、前方に「窓」が見えた。洞窟の外の明るい景色が「横長に潰れたひし形状」に切り取られた「窓」‥。
それは間違いなく出口だった。
入口はゆったりとした大きさだったが、出口はその五分の一もない。さらには岩の天井が圧迫する感じで低くなっていて、立ったままでは近づけない位置にある。四つん這いになって進んで行って擦り抜けるしか手段はなさそうだ。「胎内くぐり」の終わりは「難産」と言うわけか。私は逸(はや)る心を抑えて手と膝を突き、出来うる限りのスピードで「出口の窓」に近づいて行った。
出口まで2メート手前に達した時、その窓を、スカートの裾と白いソックスを着けた数人分の足が右から左へと横切って行くのが見えた。その内の二本の足が目を引く「ショッキングピンクと黒のツートンカラー」のスポーツシューズを履いている。私は、その派手なシューズを普段からさり気なく履きこなしている人間を身近に一人知っていた。
「実奈! 実奈! 実奈ァ!」私は手を伸ばして叫んでいた。「待ってええ! みんなあああァァ!!」
やった!胎内くぐりの洞窟の「出口の窓」は、分岐してしまったみんなと私の並行世界を繋いでくれる「時空の穴」となっていたのだ!
待って待ってと何度も叫びながら私はバタバタと手足を動かした。しかし、出口の床は外と地続きではなく、通せんぼをする様に40センチから50センチほどの岩が正(まさ)に高い敷居のごとく張り出していて、天井が低い分四つん這いのままで乗り越えなければ出られそうにない。私はその敷居岩に両手を掛け、力任(ちからまか)せに無理やり外へ這いずり出ようとした。狭い出口ではあったが、ゆっくり出れば何の問題も無かったはずだ。しかし私はこの上なく慌てふためいていたので、出口の天井の高さを完全に見誤った。頭を上げて通過するべきではなかったのだ。

ゴツン!
私は出口上部の岩の縁(ふち)に強(したた)か頭をぶつけた。さらにはその反動で、外の地面に向けて落下していくみたいに顎(あご)からつんのめっていった。
どてっ!!
意識が断層の様にずれ動く感じの激痛が頭の芯(しん)まで走った‥‥‥‥‥‥


「い‥‥‥いっ‥っ‥っゥゥ‥‥‥‥‥」
痛みが引いていくまで地べたに突っ伏してじっとしていた私は、小さく呻(うめ)きながら目を開けた。
「え?‥‥‥‥‥‥‥」目の前には、夜の風景が広がっていた。空には星が輝き、おそらく東の方角だろう、黒い輪郭となった山々の上に満月が顔を出していた。
いったいどういう事だろう? 私が洞窟の出口から這い出た瞬間は確かに明るかった。夕暮れだったとはいえ、まだその残光が十分辺りを照らしていたではないか‥‥‥‥‥‥

私はゆっくりと身を起こした。この狐につままれたみたいな状況を、はっきりしない寝起きの様な意識で振り返ってみた。
ズキリと頭が痛んだ。顎にも違和感がある‥‥‥‥。どうやら私は、顎や頭を地面に強く打ちつけた後‥‥、しばらくの間昏倒していたらしい。
「‥ああ‥‥‥‥‥」しがみついていた一縷(いちる)の望みが、完全に潰(つい)え去った事を知った。みんなはもう行ってしまったのだ。全身から力が抜けていき、それと同時に体のあちこちが痛み出した。

私はこれから‥どうしたらいいのだろうか‥‥‥‥‥
地面に座り込んだまま傷だらけの自分の体を、労わる様に静かに抱きしめた。涙はもう湧き出しては来なかった。

ツッツ‥ポンパパパンン‥‥・
唐突に小さなメロディーが耳に届いた。「??‥」すぐ近くから聞こえた。そうか‥背負っているリュックの中からだ。私は、もう使い物にならないと判断して、スマホをリュックに仕舞い込んだ事を思い出した。
「まさか‥着信?」慌ててリュックを開け、スマホを取り出す。

ディスプレイが夜の薄闇に光る。覗き込んだ私はやはりガッカリした。認識ができなくなった時と同じ、エイリアンの交信みたいな「文字化けのもっと酷い状態」は変わっていなかった。
「ん?‥」ところが今回は、読み取れる文字がところどころに見受けられるではないか‥‥‥。
カタカナに見えるその文字を、私は上から順に拾っていった。
「‥ヌ‥‥‥‥マ‥‥‥‥‥‥‥デ‥‥マ‥‥‥‥‥‥‥‥ツ‥‥‥‥‥」読めたのはその五文字。
「ヌ‥・マ・デ・マ・ツ‥‥」
「ヌ・マデマ・ツ」
「ヌマ・デ・マツ」

沼で待つ !」

次回へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。