悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (46)

第一夜〇タイムカプセルの夜 その三十一

払いきれなかった虫たちが数匹、いやもっとだ。シャツやズボンを掻い潜り、直接地肌に噛みついた。
体のあちこちに激痛が走った。ちぎれた肉が浮き、血が滲(にじ)み出す感覚があった。
があうああああおあぁぁああああーぁあぁぁ
ダタタガタガタガタターン‼
俺は手足を激しくばたつかせ、机や椅子をなぎ倒しながら床を転げ回った。虫は握りつぶしても踏みつけても死ななかった。手でばらばらに千切っても、足で何度も何度もすり潰しても死ななかった。床に出来た粒と汁の染み痕は浮き上がる様にすぐに動き出し、千切り捨てていた他の足や頭などとくっ付いて、今まで見たことも無い姿の虫へと生まれ変わり(それが虫と呼べるものであるならの話だが)、ふたたび三度(みたび)と襲いかかってきた。俺はのた打ち回るより為す術が無くなっていた。
助けを、助けを求めた。
いったい誰にだ⁉教壇から冷ややかに見ている委員長に?それとも遠巻きに俺を包囲している粘土のクラスメートたちに?
違う。だが助けを求めていた。
助けてくれ!助けてくれ!この状況から俺を救ってくれる誰か‥・
「はう!」

ある考えが頭に浮かんだ。もしかしたら打開策になるかもしれない。
痛みを堪(こら)え、もがきながらも、俺は自分の席を目指して這い進んで行った。
体のあちこちから滲み出した血は、いつの間にか俺の全身を赤く染めていた。
「‥‥血まみれなのはあなたの心?‥‥それとも体?」委員長の呟きが教壇から聞こえた気がした。
辿り着いた。俺は椅子の足を掴んだ。俺の椅子だ。確か、委員長はこう言ったはずだ。彼らにとって俺が校舎に帰って来たことには大きな意味があると。まるで王様が帰還したみたいに。この椅子は玉座で、俺が座る事で彼らは俺の帰還に気づいて歓迎し騒ぎ出すと。
そうとも彼らだ!彼らなら助けてくれるかもしれない!小学生の頃の俺自身の投影、校舎の中に今も息を潜めている影の様な子供たち!
痛みを堪え、椅子の背のパイプを両手でしっかりと握った。力を込めて下半身を持ち上げる。そして体全部をその狭いスペースに預ける様に、俺はドカリと腰を下ろした。

ザワリ‥‥
瞬間、校舎全体の空気が震えた。

俺の行動の一部始終を教壇から眺め、今度は制止しなかった委員長が言った。
「馬鹿な選択ね。いくらあなたが王様でも、あの子たちがあなたを助けてくれると思う?あの子たちはただあなたを先頭にして、無意味で稚拙ないたずらをしていたいだけ。人の迷惑なんか何も考えないで、延々と、それこそ永遠に時間潰しのお遊びをしていたいだけなのよ。あなたはそれに付き合う羽目になるわ」

喧騒が‥‥スピーカーのボリュームを少しずつ上げていく様に徐々に近づき、大きくなっていった。
雑踏が、歓喜が、混乱が、闇夜に満ちる波の不気味さで教室の床を揺らし始めていた‥‥‥‥‥‥

次回へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。