悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (45)

第一夜〇タイムカプセルの夜 その三十

ポツッと開いた粘土の穴が‥‥何であるのかを見極めようとする間に、その穴の周辺に十個程の新たな穴が出現した。驚いて、近づけていた顔を慌てて上げる。改めて人形の頭を見直してみると、穴はさらに増え百個近くになっていた。
プツッ‥プツプツプツプツプツプツプツプツプツプツツツツッッ—-—
「ひっ!」
俺は思わずのけ反っていた。無数の小さな穴は、粘土で出来た委員長の人形全身にあっと言う間に拡がっていった。
そして人形の体が一瞬、ぶるっと身震いしたように見えた。

俺が瞬きをした次の瞬間、事態は決定的に変動した。
すべての穴が出口だった。すべての穴が出口となった。すべての穴から噴き出したのだ。
穴から噴き出したのは、神経質に折れ曲がった幾多の細い線と毛筆で無造作に打った歪(いびつ)な形の点や奔放な「払い」で構成され、蟠(わだかま)りかけた煙の怪しさを纏(まと)った、それぞれがまったく不揃いな生き物たちだった。
虫。虫である。
蜘蛛‥飛蝗(ばった)‥芋虫毛虫‥蛾‥蝶‥蜻蛉(とんぼ)‥蟷螂(かまきり)‥蝉‥蝸牛(かたつむり)‥蛞蝓(なめくじ)‥蚯蚓(みみず)‥蟻‥蟻地獄‥‥‥‥‥‥
俺の知っている虫たちだったが‥‥‥ただ一つ違うところがあった。
それらは普通と違って、全部がどす黒かったのだ。
ウオォ—ン!ボドボドボトォオオ!バサササァァ—-
宙に舞い上がる一群があり、他の大部分は、机の上あるいは床に落ちて水の波紋状に拡がった。委員長の人形はと言うと、空気が抜けた風船がしぼむようにその形が崩れていった。
俺は虫を見て、生まれて初めて気味が悪いと思った。初めて、嫌悪した。

後退りしていた俺のつま先に、虫の先頭数匹が取りついた。
「くそぉお!来るな!」俺はそいつらを払い落とし、思い切り踏みつけた。
プチッ ブチッ ブチリ!
その行為が合図だったのかも知れない。教室じゅうに散らばろうとしていた虫たちが方向を変え、俺を目指して集まって来た。
ゾゾゾゾゾゾゾゾォ—ッ ブオァオオオォォォォォ——–
「なっ何だ⁉おい!」
翅(はね)を持つ虫たちが俺の上半身に纏(まと)わりついて来た。床を進んできたものたちは、俺の両足から我先にと這い上がって来た。
「うわああああああああ‼」
両手を振り回し両足を小刻みに動かして虫たちから逃れようともがいた。しかし、足がもつれて俺は床に倒れ込んだ。
ガシャーン ガララン! 近くにあった椅子と机が一緒に倒れて大きな音を立てた。

「フフッ‥無様ね‥‥」教壇から、委員長の声が聞こえた。
「何だとォ⁉」床をのたうち回りながらも、俺は問い質す。「これは罰か⁉これは君の復讐かあ⁉」
「いいえ違う‥・それはあなたに暇つぶしの遊び道具に使われた、虫たちの復讐じゃないのかしら?」
「‥‥くっ」俺は返す言葉が無かった。
その時、体のあちこちに痛みが走った。強靭(きょうじん)な顎(あご)を持つ虫たちが、俺を噛み始めたのだ。
「ぐあああ‼やめろおお‼」俺は体についた虫を片っ端からむしり取り、握り潰した。

「‥‥痛いのは心?‥‥それとも体?」委員長が呟いた。

次回へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。