悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (31)

第一夜〇タイムカプセルの夜 その十六

ここへ来て初めて、俺が先頭に立った。

階段を下りて、地下一階(入った最初の場所を一階とするならばだが)。
本当の校舎に照らし合わせるなら二階部分にあたり、教室の数や配置はおおよそそれと同じものだった。地下一階を「おおよそ」で片付けたのは、本当の校舎の三階部分にあたる地下二階が目指すべき場所だと考えていたからである。
実際、階段は続いていて、地下二階は存在した。
階段を下りていく時、委員長が呟いた。
「‥もし、あの階段を上っていたら‥‥・私達どうなってた?」
俺は答えなかった。が‥おそらくこの校舎から地上へ追い出されていた気がする(そうなったらこんな探検ともおさらば出来たか)。或いは何かとんでもない事態が待ち受けていて‥‥‥‥‥‥
ここを俺自身が埋めたとしても、何故こんな場所が出来上がってしまったのかがまったく理解できなかった。

俺達が地下二階の廊下に降り立ったとたん、それまでザワザワとした感覚で一帯を満たしていた空気が、潮が引くように静まり返っていくのが分かった。
俺は思わず身構え、委員長は目を細めた。
「‥‥あなたの判断は間違っていなかったみたい。私たちが求めていた答えはこの階にある‥‥‥」
左手、真っすぐ伸びる廊下の一番奥に、本物の校舎なら三階にあった俺たちの六年生の時の教室があるはずだ。俺達は足を踏み出した。

ピンポンポンポン‥・
突然、スピーカーの音が廊下に響き渡った。
「下校時刻を過ぎました。学校の中に残っている生徒は、今すぐ家に帰りましょう」
校内放送である。俺と委員長は出ばなをくじかれた形で立ち止まる。
下校時刻を過ぎました。学校の中に残っている生徒は、今すぐ家に帰りましょう」
繰り返された言葉は、一回目の時の音量の倍になっていた。
「下校時刻を過ぎました。学校の中に残っている生徒は、今すぐ家に帰りましょう」
「下校時刻を過ぎました。学校の中に残っている生徒は、今すぐ家に帰りましょう」
三回目は三倍、四回目は四倍の音量になった。委員長の顔が苦痛に歪んだ。頭が割れそうになって俺は、両耳を塞いでへたり込んだ。
「下校時刻を過ぎました。学校の中に残っている生徒は、今すぐ家に-」
「うるさい!!黙りなさい!!!」委員長が叫んでいた。

‥・ツ—ッ‥‥‥‥
放送が止んだ。

「‥‥相手にしているのは子供‥・小学生なんだわ。こういう時は頭から叱りつけるに限る」気を取り直した様子で委員長が言った。
俺は立ち上がり、独り言のように、或いは委員長を促すようにこう言った。
「行こう。そして早く終わりにしよう」

次回へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。