悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (30)

第一夜〇タイムカプセルの夜 その十五

「‥‥‥つまりあの泣き声は‥‥・私達をおびき寄せるトラップてこと?」
「たぶん‥‥‥‥‥」

委員長は、何か他にも問いたげに俺を見つめた‥‥‥。

俺は委員長の視線を振り払って、辺りを見回した。
六年の教室があった三階は存在しない、存在しない場所へと続く階段は罠だ‥・と考えたからには、その証拠が欲しい。俺は何物も見逃すまいと、ぐるりを隈なく観察し始めた。
委員長は、そんな俺を黙って見ている。すすり泣く声は、俺の判断に異を唱える様に途切れることなくずっと聞こえていた。

「‥・もっと深いところに‥‥‥‥」俺は自分が口にした言葉を呪文のように繰り返し、目線を下げていった。
階段の右横、手摺りの壁と隣接するトイレの壁とに挟まれた細長い空間がある。折り返した階段が更に上へと伸びていくちょうど真下のスペースで、階段の裏側にあたる斜めの天井が窮屈そうなイメージを与えていた。目が止まったのはその床部分だった。
「‥ん?」
リノリウムの床の質感がそこだけくすんで見える。
屈み込んで顔を近づけ、目を凝らした。「‥‥‥‥‥‥‥‥」
覚えのある微かな匂いが鼻に届いた。さらに顔を、鼻を近づける。
「‥‥‥‥絵の具か‥・水彩絵の具の匂いがする」俺は、床に手を置いて撫でてみた。
「ど‥どういうこと?説明して」業を煮やしたのか、委員長が口を開いた。
それに答える代わりに俺は、床に置いていた右手に思いきり圧力をかけた。

ズコッ!

右手が二の腕まで床下に入った。いとも簡単に床が抜けた。
「大丈夫⁉」委員長が駆け寄って来た。
「紙だ。床が紙で出来た張りぼてだったんだ」
バリ!ベリリリッツ!
画用紙や工作用紙を何枚も継ぎはぎして重ね、表面を絵の具で着色してあったのだ。俺は、手の入った部分からそれを引きはがしていった。
バリン‥‥・
物の一分程の作業で現れたのは、従来からそこにあった様なれっきとした下り階段であった。

「あーあ‥」「チェッ」
どこからか、がっかりした様子の子供たちの声が漏れてきた。
すすり泣きの方は、いつの間にか聞こえなくなっていた。

本当の校舎にはない階段の出現は、俺の考えが間違っていなかったことを示すと同時に、このもう一つの校舎への俺の明らかな関わりを暗示するものとなってしまった。
俺は屈み込んだまま、委員長は俺の傍らに立って、地下へと続く階段を覗き込んでいた。もっとも、今いる場所だってすでに地下なのだが‥‥‥‥
「‥‥本当に‥巣窟らしくなってきた。降りていくんだろ?」俺は委員長に言った。
委員長は真っすぐ俺を見て、何の躊躇もなく頷いた。
「もちろん」

次回へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。