悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (12)

序〇糞(ふん) その十二
男が追いつくと、少年は低木の茂みを抜けたところにいて、既に新しい獏の糞を見つけて棒の先で突いていた。
「もう少し話を聞きたいんだが‥‥・良いかい?」
「‥‥‥‥」
男の問いかけに少年は、振り向きもしないし、棒を動かす手を止めることさえしなかった。
「‥・仕事の邪魔はしないさ。何なら、手伝いながらでも」
「昨日は、新月だったよな‥‥・」男の言葉を遮るように、少年が喋り出した。
そ‥そうだったかな‥・と男は相槌を打ったが、月の満ち欠けなど興味が無かったし、知らなかった。それを見透かした様に少年が返す。
「ふん、仕事に追われて月を観る余裕もないか‥‥」

「どれ‥・あんたが知りたいのはこいつの入手方法だろう?」そう言って、漸く少年は男に向き直る。手のひらには今見つけたばかりの丸い塊があった。
「ああ‥手に入るものならもっと試してみたいと思ったんだ」図星を指され、男は正直に答えた。「商売なんだろう?」
少年は頷いた。「販売は専用のサイトでやってる。だがちょっとしたからくりが施してあってね、普通にアクセスできるわけじゃない。誰でもウエルカムてなわけにはいかないのさ‥・客は選ばせてもらってる」
「客を‥選ぶ?」男は訝(いぶか)しげな表情を浮かべた。
「おいおい、誤解するなよ。これも客自身の為なんだ」

少年は、説明してやるといった体(てい)で草の上に座り込んだ。
「金を出せば他人様の悪夢を拝めるんだ、そりゃあ誰だって一度は試してみたいだろうよ。だがな‥‥中には試していかれちまう人間もいる」
「いかれちまう?」
「悪夢に中(あた)る‥・わけさ。他人の悪夢に同調しちまって呑まれちまう‥それでもって精神が病んじまうんだ‥‥」
少年は見つけたばかりの丸い塊を指で摘まみ上げ、光に透かすようにして見つめた。
「こいつにはまだまだ謎がある‥・試す人間との相性もあるだろうし、満月と新月の次の日に採れた悪夢はどうやらひと味もふた味も違うらしい‥‥‥」

少年の話を黙って聞いていた男が、ポツリと言った。
「‥俺は大丈夫さ。さっきの悪夢だって、面白かったくらいだ」
少年がニタリと笑った。
「それは分かってる。あんたが悪夢を見てる間、ずっと傍で観察してたからな」
そしてこう付け加えた。
「あんたみたいなのが‥・一番危ういタイプなんだぜ‥‥・」

次回へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。