単行本「リアリティー」回想記

「リアリティー」が電子書籍化されたこの機会に、収録作品の一話一話を当時を思い出しながら解説していきたいと思います。
まず単行本「リアリティー」は1987年に始まった週刊ヤングジャンプの月一シリーズ連載「リアリティー’88」の作品を中心に構成されています。
以下「リアリティー’88」の作品リストです。(順不同)
「夢十夜」 「学校の怪談」 「わたしたちの町」 「塊(かたまり)」 「高野聖」 「橋」 「サトル」 「陽炎の女」
このうち「橋」 「陽炎の女」は未収録になりました。

次回から一作品ずつの解説を試みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。