悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (131)

第四夜〇遠足 ヒトデナシのいる風景 その十八

着信音が途切れてまた再び鳴り出す、そんな仕切り直しが三回繰り返されていた。

ツジウラ ソノの言葉通り、ぼくたちは着信音が鳴っている時はその音に意識を集中させて、音の聞こえてくる方向にゆっくりと慎重に、出来得る限り雑音を立てない様に茂みの中を進んだ。音が途切れている時は再開するまでの時間を、自分の周囲の草を踏みつけて折ったり、その辺で拾った手ごろな棒を振ってなぎ倒したりしながら、前進するためのスペースを作っておくのに使った。
そうして仕切り直しが五回目を数えた時、ぼくたちは舗装道路から十メートル以上茂みに入り込んだ地点にいた。約束通りに虫捕り網の竿(さお)を高く掲げて、先生たちに今いる場所を示している。

「近い‥‥よな‥」モリオが言った。
「ああ‥‥かなり近い‥」ぼくは答える。明らかにぼくたちは、『水崎先生の携帯電話』のすぐ近くにまで来ていた。
次の着信音が鳴り出したら、かなりの確率で、場所を特定する事ができるだろうと思えた。
「次で‥見つける」
「ああ‥見つけるさ」
そんなモリオとぼくのやり取りを聞いて、「ねえ‥」とツジウラ ソノが提案してきた。
「ここだと思えるところにすごく近づいたら、声は出さずに‥黙って指を差しましょ。三人それぞれが別々に、指を差して知らせるの」
「‥なるほど」モリオが、そしてぼくも、彼女の提案の意図を察した。「もし指差してるところが三人とも同じだったら‥‥・」
「探し物はそこにある」三人が声を揃えていた。次の着信音が聞こえてくるまでの、僅(わず)かな時間でのやり取りだった。

そして、これを最後にしてみせるという決意の『仕切り直し六回目後の音』が、野ばらのメロディーが流れ出した。

集中していた。
モリオも、ツジウラ ソノも、もちろんぼくも‥‥‥‥‥
みんな、スローモーションの様に動き出す。それぞれの間合いが、狭(せば)まっていくのが分かった。

近い‥近いぞ‥‥近い‥‥‥。ぼくは立ち止まり、目をつぶっていた。そして暗闇の中で耳だけを頼りにするみたいに、ゆっくりと右手を上げてその人差し指を、音のする方に向けた。
他の二人が動きを止めた気配を感じた瞬間、指差した手をそのままにそっと目を開いていった。

自分の手と‥‥、ツジウラ ソノの手と‥、モリオの手が見えた。みんな同じ場所を指差していた。
目の前の、実ができる前のヘビイチゴがびっしりと地面に密集している草むらだ。
三人で顔を見合わせ頷いた。探し物はそこにあるのだ!

ガサガサガササッッ
三人同時に屈み込み、ヘビイチゴの葉を搔き分けた。着信音は途切れていたが、もう関係なかった。
「あ!」モリオが声を上げた。そして葉の中からそれをゆっくりと摘まみ上げた。「あった‥ぞ‥‥」
薄いピンク色の、中折れ型の携帯電話だった。折れた状態ではなく、開いていた。
緊張感がとけたモリオは、その場に座り込んだ。「よかった‥」そう呻(うめ)いてツジウラ ソノも座り込んだ。
ぼくは‥‥、葉の中に手を突っ込んだままの姿勢で、固まっていた。今手に触れているものの正体を、知ろうとしていた。
それはふたつあった。最初は二匹の芋虫(いもむし)かと思った。しかし触ってみると硬く、生きてはいなかった。葉と葉の隙間から垣間見えた3センチ前後の長さのそれらは青白い色をしていて、それぞれ片側の先には‥‥、良く手入れされたきれいな爪(つめ)がついていた‥‥‥‥‥‥

次回へ続く

「悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (131)」への4件のフィードバック

  1. 読み続けながら読んでるこちらまでも緊張してドキドキしました。
    最後は生唾ゴクリ…自分がその物を掴みあげたかのように恐怖心をあおられました。
    やっと見つかりましたね。
    この先の展開が楽しみです。
    私までこの作品の主人公の一人として物語に参加してる気分で読ませて頂いてます。
    来週の更新楽しみにしています。

    1. コメントありがとうございます。
      今回書いていてふと思ったのですが、もしかしたら自分は、子供達をあれこれ描写するのが好きなのではないか‥と言う事です。だからなかなかお話が進まないのかも知れません。

  2. 芋虫と表現されたとこは最高でしたね!!
    その後の綺麗に手入れされた爪…
    もう恐怖でしかない!!

    1. ここからいよいよ、ホラーらしくなっていくと思います。ご期待?ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。