悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (110)

第三夜〇流星群の夜 その二十四

自分自身の時間が完全に止まってしまうまでにこんなに長く掛かるとは、全くの予想外だった。
もしかしたら‥‥・僕が目を瞑(つぶ)らずしっかりと開いていて、見ようとする意識をずっと働かせているせいかも知れない‥・と思った。

それともう一つ。いくら人目につきにくい場所に移動したからといって、結構な月日が流れていながら未だ僕と彼女の体が誰にも発見されず、放射性廃棄物として回収されていない事が不思議でならなかった。
もしかしたら‥‥‥世の中がもうそれどころじゃない局面に至ってしまっているのか?
例えは謎の病にかかる者が急激に増加し過ぎて、処理しきれない体はそのまま放置されているとか、もしくはまったく予想もしていなかった『何か別の事態』に遭遇している‥‥‥‥とかだ。
「近い将来、人類にとって全滅の可能性のある一大事が地球に起ころうとしているのかも知れない」と言う、彼女の父親が残していった言葉が気にかかっていた。

僕は、夜と昼の境目がなくなっている(言わば早回しの時間の)空に意識を集中した。
ずっと目を向け続けている北の中心にあり、ほとんど動く事のない北極星は今も確認できている。ただ、その周辺を周回しているはずの星々はもはや特定はできず、何層もの波紋状の渦(うず)を形成しているみたいに見えた。それらが独特の色彩を帯びているのはおそらく、地球を包み込んでいる大気が、太陽の光や電磁波、宇宙線などを受け止めているせいに違いない。空は幽(かす)かに蠢(うごめ)いている様でまったく静止していて、まったく静止している様で幽かに蠢いていた。そんな光景を見せてくれる時間の超越は、新しい認識への入口なのかも知れないと思えてきて、僕はすっかり見とれていた。奇妙だったのは空全体が次第に、まるで『巨大な目』に見えてきて、見上げている僕を真っ向から見下ろし、ただひたすらこちらを、地球の行く末(ゆくすえ)をジッと観察しているのではないかと言う、ある種宗教的な考えに囚(とら)われてしまった事である。宇宙の深淵(しんえん)を覗き込もうとする研究者らが陥(おちい)りがちな感覚とは、こんな心の状態を言うのかも知れない。

「宇宙の有り様(ありよう)にはやはり‥‥‥‥何か途方もない存在の意思が‥‥介在しているのかも知れない」
そしてそれを人は‥‥『神』と呼ぶのだろう‥‥‥‥‥‥‥

そんな事を考えていた時、まったくの瞬間的に、からだ全体にものすごい衝撃と圧力を感じ、視界が一変した。

次回へ続く

「悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (110)」への4件のフィードバック

  1. 今回もドキドキしながら読ませて頂きました。
    次回も楽しみにしています。
    お互い色々ある人生…
    忘れない事が一番の供養であり、一生懸命生き抜いた若い命へ、恥じないように、笑顔を見せて安心させてあげる事も一つの供養だと思います。お互い無理せず笑顔で生きましょう。
    生き抜いて、いつか会える日を楽しみに。
    辛い時は泣きましょう。泣いた後は笑顔を…。

    1. コメントありがとうございます。
      大切なお話を聞けた気がしました。励まされました。
      これからもよろしくお願いします。

  2. 毎回楽しみに拝読しております。
    最後はどうなるのでしょう?
    自分なりに続きを考えたりして1週間過ごしています。
    映像化して欲しい美しいお話ですね。

    1. コメントありがとうございます。
      予定では次回でお話を締めくくるつもりでいますが、文章は漫画と違っていて、別段省略してもいいと思える部分の描写が、むしろお話を面白くしていく様な気がしています。書ききれなかった場合はさらに次の週になってしまいますが、どうぞよろしくお付き合い下さい。
      『絵』の方も、時間ができましたら、何らかの形にしてみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。