悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (106)

第三夜〇流星群の夜 その二十

満天の星空。
遥かな星々のきらめきを、時を忘れ望む‥‥二人きりの丘。
そこは確かにその夜、地球の頂上であった。
僕と彼女は間違いなく、広大な宇宙と、その丘から繋(つな)がっていた‥‥‥‥‥‥

星と星とを結び、星座を紡(つむ)いでいく様な久しぶりの彼女との会話は、いつしか途切れがちになり‥‥、やがて深い沈黙が支配し始めた。
それは予期していた事であった。彼女はもうほとんど、動かなくなっていた。
僕は彼女の背中越しに二の腕あたりに手を回していて、彼女は僕の肩に頭をもたせかけていた。僕の頭も自然に彼女の方に傾き、彼女の頭髪の感触を僕の右頬(ほお)が受け止めていた。
このままで‥‥‥、ずっとこのままでいようと思った。彼女と一緒に、彼女と寄り添ったこのまま、時を止めるのだ。覚悟はできていた。

彼女から聞いた、「謎の病によって石の様に硬くなる事が決して死を意味するものではなく、発病したとされる人間は、周りの世界との時間の流れ方に差異が生じていき、結果時間が止まってしまった状態になったものだ」と言う彼女の父親の考えは痛く腑に落ちて、僕の心を随分と落ち着かせてくれていた。
死によって滅び朽(く)ちていく事と時間が止まる事との間には、天と地ほどの差がある様に思われた。
ただ‥‥、問題なのはこの謎の病が世界を席巻していった理由である。彼女の父はこうも言った。「石の様に硬くなった人々は、人類全滅を回避する為の『時間の流れ方の違う蛹(さなぎ)』ではあるまいか?近い将来、人類にとって全滅の可能性のある一大事が地球に起ころうとしている‥‥‥‥」と。
『よく当たる占い師の様だった』彼女の父の予感が的中しているのなら、一体全体この地球に何が起こると言うのだろうか?‥‥‥‥‥

ふと見上げた頭上の星座が、ゆっくりではあるが、移動していくのがはっきりと見て取れた。北極星を中心に一時間に15度ずつ反時計回りに移動していく天球の動きが、加速した様に見え出したのだ。つまりは、自分の時間の流れが遅くなってきていると言う事。僕の時が止まり、動けなくなるのも、どうやらもうすぐみたいだ。そして当然だが、結局僕にはもうこの先地球に何が起こるのか、知る事はできなくなるのだ。

星々の輝く‥・いくつもの星座を貼りつけた天球が、見る見るうちに回転して行く。僕はその様子に心を奪われ、すっかり見とれていた。
このままでは、あっと言う間に夜明けが来てしまうだろう。

‥‥とその時、ある考えが僕の脳裏に閃(ひらめ)いた‥‥‥‥

次回へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。