「テレビまんが」なんて呼ばれてた。後編

「ヒルダはバラバラ‥‥‥‥‥」
小学生の時に観た、懐かしいアニメ映画の劇中に登場する、印象的な台詞です。

そんな感じで今回は、バラバラの新旧綯(な)い交ぜで、強く印象に残っているアニメ(テレビで放送されたもの)を思いつくままに列挙していきたいと思います。

海のトリトン は海洋冒険ファンタジーの傑作でした。
トリトン族の生き残りで、人間に育てられていた少年トリトンが、オリハルコンの短剣を手に、かつてトリトン族を滅ぼし七つの海を支配するポセイドン族と戦います。「オ・リ・ハ・ル・コーォン!」の掛け声と共に光を放つ短剣を振りかざすトリトン。その強烈な閃光の中、ポセイドンの戦士達は皆、泡がはじける様にことごとく消え去っていきます。そしてついにポセイドンの本拠地の神殿に辿り着くトリトンでしたが、オリハルコンの短剣の力は、命令を下し一族を操っていたポセイドン像と近づいた事で、考えもしなかった悲劇を生んでしまうのです。
主題歌も良かったです。

主題歌が良かったのは 宝島 もそうでした。有名な冒険小説が原作なので内容は言わずもがなですが、演出と絵のタッチがすばらしく、主題歌の流れるオープニングは特に忘れられません。「さあ行こう 夢に見た島へと‥‥・」
随分年を経てからの経験ですが、散歩でもしていたのかたまたま通りかかった見ず知らずの小学校の校舎から、合唱曲として歌うわれるこの主題歌が流れてきて、思わず足を止め感慨にふけってしまったのを思い出します。

「たった一つの命を捨てて、生まれ変わった不死身の体。鉄の悪魔を叩いて砕く。キャシャーンがやらねば誰がやる!」のナレーションで始まる 新造人間キャシャーン は超クールでした。面白かったです。
同じタツノコプロ制作ですが、宇宙の騎士テッカマン もかなり印象に残っています。襲来する敵が謎めいていて、迎え撃つテッカマンの宇宙空間での立ち回りが見ごたえがありました。人体にかなりの負荷がかかるテックセットシステム。主人公 南城二がロボットぺガスの中へ入り、テックセットしてテッカマンに変身するシーンも辛そうで、戦い終わって元に戻ってからがまた、さらに辛そうでした。お話は多分、未完で終了したはずです。敵の大群が待つ宇宙域に、たった一人ぺガスに乗って立ち向かっていくテッカマンの雄姿がラストシーンだったと記憶しています。また、スペースナイツの一員となる異星人、アンドロー梅田が渋くてカッコ良く、かなりの存在感がありました。声優は確か山田康雄さんでした。ルパンとは違って、おちゃらけの欠片もないキャラクターでした。

割と新しめで、BLOOD+ が良かったです。沖縄から始まり、東南アジアやロシア、ヨーロッパなどと、ロードムービーの様に舞台が変わっていくのも興味深かったし、主人公 小夜の武器、自らの血を染ませる細い溝が切ってある刀も独特でした。常にチェロケースを携えてつき従うハジの存在も良かったです。

こちらも私の感覚では新しめ、交響詩篇エウレカセブン です。主人公の少年レントンと少女エウレカの出会いの物語です。エウレカセブンのセブンは、朝七時からオンエアーしていたからのセブンでしょうか?
とにかく、設定されたその世界観が独特でした。とある生命体自らの存在が、他を退けてしまった事から生じた孤独。人間とコミュニケーションを取るために生み出された少女。「地球であったのか」と言う驚き。
最終回のシーン、電気グルーヴの「虹」がとても効果的に使われていて、良かったです。

列挙する‥と前置きしたのにあまり書けませんでした。すみません、時間切れです。
いつか改めて機会を作って、残りを書いてみたいと思います。その際はまたおつき合い下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。