悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (97)

第三夜〇流星群の夜 その十一

彼女は、彼女の父親が彼なりの何らかの答えに辿り着いていたと信じている。それはつまり彼女が、父と母両親の相互の愛を信じているからで、彼女の信じている二つの事柄は、僕には同じ意味に思えた。
しかしどうやら今の僕は、そんな彼女を納得させるだけの知識も能力も持ち合わせていないようで、彼女の僕を見る目を受け止めきれないでいる。

ただ、彼女の気持ちに寄り添う事はできるはずだ。ベストとは言い難い、僕なりのやり方になってしまうであろうが‥‥‥。
僕は彼女に、やや北寄りの星空を指し示した。
「メドゥーサを退治したペルセウスは死後、女神アテナによって天空の星座となったんだ。ほうら‥そのペルセウス座なら、あそこにある」
ほとんど動くことのない北極星を中心に、円を描いて夜空をゆっくりと移動していく星々。北斗七星とカシオペア座は判りやすい配列からすぐに見つけられ、真北の空にある北極星の位置を知る手掛かりとなる。そのカシオペア座の『W』の形の二つのとんがりの左の方を、天の川の流れに沿ってオリオン座のある南に向けて少しだけ辿っていくと、『ペルセウス座』がある。派手に輝く1等星を持つ星座ではないが、三大流星群の一つ、『ペルセウス座流星群』の放射点である事と、『悪魔の星』の意味を持つ変光星アルゴルが存在する事で有名である。
ペルセウス座の星の配列にペルセウスの雄姿を投影した時、ペルセウスは片手に剣をかざし、もう片方の手に自らが切り落としたメドゥーサの首を持っていて、アルゴルはその首の目の部分に当たるのだ。
「明るい星が二つあるよね。二つとも2等星なんだけど、右側のペルセウス座 β星 アルゴルはちょっと変わった星でね、食変光星て言って二個の恒星がお互いの周りを回っていて、そのせいで見かけの大きさや明るさが変わるんだ。不気味な怪物メドゥーサの目だと言われている。つまり、『メドゥーサの首』はあそこにある‥‥‥」
淡々と解説をする僕の横、彼女は黙ったままその星座と星を見上げていた。
「君の父さんが口にしていた『メドゥーサの首』は単なる比喩表現で、星のことではないと思うけどね‥‥」
「分かってる。でも‥‥‥宇宙が、今地球上で起こっていることと無関係ではない気がする」
「‥‥‥‥なるほど」僕は彼女の父親が残していたメモ書きに、もう一度目を落とした。確かに並んだ言葉だけを見ると、そう言う気がしてくる。

彼女の父親の考えでいた事を確かめるのは、もはや不可能だ。それに、世界中の優秀な学者 研究者が挙(こぞ)って血眼(ちまなこ)で探し求めている答えが、こんな『たった一枚の紙切れ』の中に収まっているとも思えない。
「直観と‥‥‥想像力‥‥‥‥か」僕はなぜかそう呟いてみた。
「そう‥‥‥‥。まるでよく当たる‥‥占い師みたいだった」彼女がそう返した。
「そうか‥‥‥‥‥」

‥とその時、僕と彼女の頭上を一筋の星が流れた。

僕は北の空に捻っていた上体をもとに戻して、南に向き直った。そして、オリオン座の左に並ぶ『ふたご座』に目をやり、三大流星群の一つ、一年を通して最大の流星群である『ふたご座流星』の時期が間もなくやって来るんだと思った。
さらにはぼんやりと‥‥・、もしこれから今の事態に輪をかけた何かが地球で起こりうるとしたら、それはこの目の前の宇宙からもたらされるものであるかも知れない‥‥‥‥と思った。

次回へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。