悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (96)

第三夜〇流星群の夜 その十

「もしかしたらお父さんは、体が石の様に硬くなる原因が何なのか突き止めていて‥‥‥、お母さんと同じ時間の流れの中に自分の意思で身を投じたのかも知れない。‥・近ごろそう考えることがあるの」
満天の星空の下、見晴らしの良い丘の斜面に座り込んで寄り添う僕と彼女。僕の肩に頭を傾けたまま、彼女は言った。

「なぜ‥‥そう考えるんだい?」僕は彼女の方を見る事もなく、さり気なく問いかけた。
「離れて暮らし出した頃、お父さんが考え事をしている時によく口にしていた言葉があって‥‥‥」彼女は徐(おもむろ)に僕の肩から頭を起こし、横を向いて僕の顔を見た。僕もそれにつられる感じで首を回し、彼女の視線を受け止めた。
「メドゥーサの首‥」
「え?」
彼女の口から思いもかけぬ言葉が飛び出したので、僕は少々面食らった。
「お父さんが‥『メドゥーサの首は何なのか?』『メドゥーサの首は必ず存在する‥・』と、独り言みたいに頻(しき)りに呟いていたのを憶えているわ‥‥。調べてみたら、『メドゥーサの首』には人を石に変える力があるんでしょ?」
「そう言うことか‥。なるほど。メドゥーサの目は、見た者をみんな石に変えてしまう。つまり君の父さんは、世界の人々を石の様にしてしまうものの正体を見極めようとしていたんだね」

僕はギリシャ神話を思い出していた。小さい頃から夜空の星を眺めて大きくなった僕には、ギリシャ神話への興味は今も尽きる事はない。なぜなら輝く星座の名と由来は、ギリシャ神話に満ち溢れていたからだ。
ギリシャ神話に登場する『メドゥーサ』はゴーゴン三姉妹の末妹で、髪の毛が無数の毒蛇でできているおぞましい姿をしていて、見た者を立ちどころに石に変えてしまう力があった。ゼウスの子、半神の英雄ペルセウスに首を切られて退治されるが、メドゥーサは死んでも、切り離された首にはまだその能力が残っていた。ペルセウスは『メドゥーサの首』をかかげることで大海獣ケートスを石に変え、生贄にされかけていた美しき王女アンドロメダを救う。『メドゥーサの首』はたびたび、ペルセウスの冒険での窮地を救い、後に女神アテナが持つアイギスの盾に取り付けられる。『メドゥーサの首』は敵を石にしてしまう最強の武器でもあり、防具でもあった。

「それで君の父さんは、『メドゥーサの首』の正体をどこまで知り得たんだろうか?」僕は率直に彼女に尋ねてみた。
「実は‥‥、奇妙なメモ書きが居間のテーブルに残っていたの」彼女はそう言って、ジャケットのポケットから折りたたんだ紙切れを取り出し、広げて僕に見せてくれた。
「‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥」僕と彼女は、しばらくの間二人黙ったままでその紙切れを見つめていた。そこには大小様々、たくさんの数字や記号 アルファベットが走り書きされていて、それらから何らかの意味を見い出すのはどうも難しそうだった。ただ、いくつかの単語も確かに紛れ込んでいる。
「‥‥宇宙線?‥‥‥‥、未知の素粒子‥‥‥‥、始まり‥と終わり‥‥‥、差し伸べられた‥‥‥神の手????どうも僕には、手に負えそうもない」僕は正直に音を上げた。そんな僕に、あるいはもしかしたら自分自身への言葉だったのかも知れないが、彼女はこう言った。
「お父さんは‥‥‥直観と想像力の人‥だった」

次回へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。