悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (81)

第二夜〇仮面 その二十五

私の顔が私の顔から離れて落ちて‥‥、ゆらゆらと水の中に沈んでいくのが見えた。
「えっ!えええ??」
私は咄嗟(とっさ)に水中に手を伸ばした。敷石の上から身を乗り出し、限界まで前のめりになって、沈んでいく自分の顔を何とか摑まえようとした。ザバザバと伸ばした手が水をかき回す。だが水の中の独特の遠近感に惑わされてか、顔を摑まえる事は叶わなかった。
「あァ‥ァ‥‥」水底の闇に溶けて消えていく自分の顔を見送って嘆きの声を上げた。しかし次の瞬間、更なる驚愕(きょうがく)の成り行きがすでに私の身に降りかかっていた。

ボチャン ボチャボチャ ボチャチャンン‥ン
水音が立て続けに響いた。
またもや私の顔から、今度は立て続けに複数枚の私の顔が離れていき、全部が全部水の中に落ちていったのだ。
「なッ?!な!な!な!なあああァ??!!」
顔が、顔が、私の顔が、四枚五枚と水の底へ、ゆらりゆらりと沈んいくではないか!
私は慌てふためいて前のめりの姿勢から体を反らせ、顔を上に向けた。下を向いたままだとどんどん落ちて顔が無くなってしまう気がしたからだ。

「どうなったの?!どうなった??私の顔 どうなったの?????」
両手を顔に持っていって触ってみようとしたが、怖くなった。どうなっているか怖くて触れない。皮が剥がれたみたいに、真っ赤な血が滲(にじ)みだした肉と筋だけの状態の顔になっていたらどうしよう‥‥。グロテスク極(きわ)まりない顔を想像したら叫び出したくなった。
「いやよ!そんなのおォォ!!!」

満月の夜の沼に、私の声が響き渡った‥‥‥‥‥‥‥‥‥
離れた水面(みなも)に立つ「みんなの顔」を着けてみんなの振りをしているもの達が、相変わらず私に手招きをし続けていた。
「か‥‥‥‥‥‥仮面‥なの?」私は我に返った様にそう呟いた。
水の中に落ちて沈んでいった私の顔はもしかしたら‥‥、私が着けていた仮面だったのかも知れない。顔から剥がれた全部が全部、私が今までに着けてきた、あるいは着けざるを得なかった、仮面‥‥‥‥‥。
私は、行き場をなくしていた両手をゆっくりと顔に近づけ、そして触れさせた。
そこには、いつもの皮膚の感触がちゃんとあった。眉も鼻も頬(ほお)も‥‥、どこにも異常な感じはなかった。
「仮面‥・だったのか、やっぱり‥‥‥‥」
胎内くぐりの洞窟を体験した事で起こり得た現象だったのかも知れない。私は仮面を、それもどうやら今まで複数のものを着けてきていて‥‥、今それがいっぺんに全部外れたと言う事だろうか。

顔出しパネルに残っていたみんなの顔を、私がみんなに着けさせた仮面だと骨董屋のおじいさんに指摘された時、身に覚えは無かったものの、完全な否定はできなかった。今落ちていったたくさんの自分の顔が仮面であると解釈しても、自ら意識して仮面を着けた自覚はなかったのに、やはり否定する気持ちはない。どうしてだろう‥‥‥‥‥‥

「そう言う‥‥‥ものなんだよ、きっと‥‥‥‥‥‥。生きていたら‥‥‥知らず知らずのうちにそう言う風になっちゃう事だって‥‥‥‥‥あるでしょう?」開き直った様に私は、そんな台詞を並べ立てていた。
「違う?‥‥違わないでしょ?‥‥‥‥‥」
私は両手で顔を覆った。急に悲しくなったからだ。
「誰か‥‥答えてよ‥‥‥‥‥‥‥」
そして予想した通り、目から涙が溢(あふ)れ出てきた。

次回へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。