悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (80)

第二夜〇仮面 その二十四

あれは‥みんなじゃぁ‥‥‥ない。
何かが‥‥‥みんなの振りをしている‥‥‥‥‥‥

私は冷静になっていた。しゃがみ込んで敷石の縁(ふち)まで行って両手を突く。上半身を精一杯突き出して目を凝らし、「みんなに見える、みんなの振りをしているもの」を注意深く観察し始めた。
顔はやはり、最初に沼に来た時水に沈めた「みんなの顔」だ。目の虚ろさでそれと知れる。体は服を着ているみたいに見えるが、露出した手足の皮膚とどこか一緒くたに繋(つな)がっている感じがする。それに足元‥‥。五人とも水面に立っていると思っていたが、どうやら立っているのではない気がしてきた。沼の水は透明度が高く、空からは満月の光が降り注いでいる。夜とは言え、注意を払えば遠目にも水面のすぐ下辺りの様子がぼんやりと窺(うかが)える。水面下にある黒く見える何か‥‥、例えば太目の木の幹の様なものが水中に五本立っていて、五人はその延長上の連続体として水の上に出ている‥‥‥そんな印象だった。
私は目線を下げて、「五本の木の幹の様なもの」が深い部分ではさらにどうなっているのか見極めようと試みた。が、暗い水中の闇に紛れてしまって判別できなかった。ただ‥‥‥、水の中さらに下の辛うじて月の光が届くか届かないかのかなり深い場所に、鈍く光る丸い物体を発見した。それは二つあった。二つが横に、3メートル程の間隔を置いて並んでいた。

「‥‥‥‥‥‥‥目?」
正直、私にはそう見えた。二つの目が真っすぐにこちらを見据え、私の様子を窺(うかが)っていると‥‥‥‥‥‥

ゆらり‥‥・
一瞬、その二つの丸い物体が揺らいだ。目を細めた様な感じで表情が生まれたのだ。
「ひっ!」
私はびっくりして、敷石の上から突き出していた上半身を反射的に引き戻した。そしてその拍子に、石の上に思いきり尻餅をついた。
ガツッと、尾骶骨(びていこつ)を打ちつけた衝撃が脳天まで響いた。
その衝撃は、今までずっと違和感を抱えていた顎(胎内くぐりの洞窟の出口でやはり地面に打ちつけたところ)にも、ビリッとした感じの引き裂くみたいな痛みをもたらした。
「い‥‥いッ‥」私は思わず片手を顎に持っていって、痛みの走った部分におそるおそる触れてみた。そして、すぐに慌てた。手の感触では、傷口の様なものが顎の根元にパックリとひとつ、はっきりと分かるくらいに開いているではないか!
「何よ、何?いったいどうなったの??」私は今度は両手を使って顎のあちこちにペタペタと触り、懸命にその状態を把握しようとした。しかし不安が大きくなるばかりで埒(らち)が明かない。「鏡!鏡!かがみ!」小さな鏡はリュックの中に入っている。だが、私は投げ出してあったリュックから鏡を取り出す事はせず、敷石の縁まで急いで這って行き、さっきはそこから身を引き戻したのもすっかり忘れて、水面に思いきり顔を突き出していた。水を鏡にしようとしたのだ。
確かに水は私の顔を写し出してくれた。さらに水面に顔を近づけて、顎の状態をはっきりと確かめようとした次の瞬間‥‥‥

ボッツ‥チャン‥‥
「‥え?」

私の顔が‥‥・水の中に落ちた‥‥‥‥。
私の顔が私の顔を離れ‥‥落ちて‥‥‥、水の中に沈んでいくのが見えた‥‥‥‥‥‥‥

次回へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。