悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (79)

第二夜〇仮面 その二十三

見間違えるはずはない‥‥‥‥
文音‥‥凪子‥‥沙織‥‥陶子‥‥実奈‥‥‥‥‥‥
満月の光を受けた沼の水面(みなも)に、みんなはただゆらりと立っている。

「みんな‥‥‥‥どうしてそんなところにいるの?‥‥」
私は彼女達にできるだけ近づこうと、連なる敷石を辿(たど)って、最初に沼に来た時持っていた「みんなの顔」を水の中に沈めた場所‥水辺に最も近づける石の上まで歩いて行った。

「みんな! みんなぁ! みんなぁァァァ!」私は手を振った。
彼女達は答えない。やはりただ‥ゆらりと立っている。顔は無表情だが、私が知っている(認識できなくなる以前のままの)みんなだ。服装もそのままだが‥‥どこかのっぺりした輪郭で、ぬらりとした光沢を感じる。たぶん満月の光を浴びているせいなのかも知れない‥‥‥‥‥‥。
みんなが立っている所までは20メートル程か‥・。私は何とかあそこまで行けないものかと考える。今いる敷石の周囲の水深は確かにまだ足のふくらはぎを濡らす程度のものだが、そのすぐ先は急に深くなっている。たとえ背が立ったとしても、水底のあちこちに茂る水草に足を取られて歩けないかもしれない。
だったら泳ぐか?‥。きっとみんなが立っている場所はまた浅瀬になっているか、水面ぎりぎりまである大きな岩がそびえ立っているに違いない。そこまでなら何とかなる。
そんな事を考えていると、知ってか知らずか、今まで動きを見せなかったみんなが、みんなの手が、揃って動き出した。私に向かって手招きを始めたのだ。まるで柳の枝が揺れる様に、五本の手がひらりひらりと動いている。
「まっ、待って!今行くよぉ!」
私は泳ぐ覚悟を決めた。水に入る前、背負っていたリュックを岩の上に置いておこうと慌てて下ろした。と‥‥‥‥‥‥‥‥

私はその時、自分の右手が強く握られたままになっている事に気がついた。そしてその手は、ずっと力を込め続けて握られていたせいか、開こうとしても開かない。言う事を聞かなくなっている。
「なっ 何これ? 一体どうなってるの??」私はもう片方の手で右手を開こうと試みた。しかしどういうわけかびくともしない。どうしよう、このままでは泳ぐのに支障(ししょう)があるではないか。

「あっ‥‥」

私は‥‥‥、右手が何を握っているのか思い出した。スカートのポケットの中で‥、菓子の包み紙をずっと握りしめていたのだ。自覚はなかったが‥‥、ポケットから出しても、さっき手を振っていた時も、ずっと握りしめたままの状態でいたのだ。
「実奈が捨ててった‥‥‥‥ポイ捨てゴミ‥」
そう呟いた瞬間、噓のように力が抜けて右手が開いた。手のひらには固く小さくなった包み紙があった。
それを見て、私は我に返った気がした。さっきまでの慌てていた自分がどこかへ行っていた。‥‥‥実奈がそうさせてくれたのかも‥‥知れない。
私は改めて、冷静な目で、20メートル先の水面で手招きを続けているみんなを見た。

「あの表情‥‥‥‥‥‥」私は眉をひそめていた。
「私がこの沼に沈めた‥‥みんなの顔の表情とおんなじだ‥‥‥‥」

次回へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。