悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (70)

第二夜〇仮面 その十四

私は‥‥・みんなと私が今、並行世界(パラレルワールド)に二つに分かたれ、重なる様に進行するそれぞれの時空にそれぞれが存在している状態であると仮定することにした。そう仮定し信じる事で、完全に折れてしまいそうだった心をどうにかまだ持ちこたえられそうだったからだ。

映画や小説に出て来る並行世界は分岐や統合が時々起こり、起こる事によってストーリーが動き出したり予期せぬ展開が生まれていく。何かの齟齬(そご)で二つの世界がねじれ、融合して重なるみたいな接触点ができたり、行き来できる通路みたいなものが出現したりする。だったら私が遭遇しているこのとんでもない事態の中でも、ドラマチックなハプニングが起こるのを期待しても決して罰(ばち)は当たるまい。
実奈が私に拾わせようと捨てていったとしか思えない「お菓子の包み紙」は、その兆しとして信じるに足りるアイテムである気がした‥‥‥‥‥

私は、少し先を歩いているかも知れないみんなの姿を想像しながら、一本道の道路を黙々と歩いて行った。
先頭を行くのは文音と凪子‥‥。そしてその二人につかず離れずの微妙な距離を保ちながら陶子と沙織。一番後ろは出鱈目な軌道の天体が漂っているみたいな歩き方をする実奈だった‥‥‥。想像の中のみんなの顔はと言うと、今背中のリュックに入っている残されていた顔(仮面?)がまだちゃんとついている時のまんまだ‥‥‥‥‥‥
やがて文音が前方を指差す。それに答えて、すぐ傍を歩く凪子が大きく頷く。きっと二人は「天と地と僕と」の話をしている。主人公「ワタル」もこの道を彷徨って‥‥などと話している。この先には「胎内くぐりの洞窟」があって‥‥ワタルはとうとう洞窟にたどり着くのよ‥‥‥‥‥‥
‥・間違いない。みんながまだこの地に留まって自由行動を継続しているのなら、向かっているのは「胎内くぐりの洞窟」。そこしか考えられない。私はそれを信じて歩いた。並行世界にハプニングが起こる事も期待しつつ、やはり黙々と歩いて行った。

やがて道路は徐々に登り坂となり、両側に並んでいたお店が疎(まば)らになっていった。
さらに明らかに山が迫るのを感じ取れる場所まで来ると、お店は完全に消え失せ、前方にやや開けた場所が現れた。10台程が止められる広さの駐車場だ。
気味が悪くなったのは、ここまで歩いてきて誰一人観光客を見かけなかった事だ。それどころか前を通り過ぎて来たどの店の中にも、人の気配がまったく感じられなくなっていた。もしかしたらすべて、私の「認識できない」状態が更に進行しているせいではあるまいかと思った。「認識できない」事がみんな以外にも影響を及ぼして、私をこの世界に本当の独りぼっちにしようとしているのではないのか‥‥‥‥。

私は、1台の車も止まっていない無人の駐車場に足を踏み入れた。
舗装された道路は途切れ、観光案内地図の看板に点線で描かれていた山道がここから始まると言う訳だ。
駐車場の左奥にその山道の起点が見える。胎内くぐりの洞窟へはもう、そう遠くない距離のはずだ。
「‥‥‥‥‥みんな‥」
私は迷わず歩を進めた。並行世界にいるであろう、いると信じている‥みんなの幻影を追いかけて‥‥‥‥‥‥

次回へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。