悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (69)

第二夜〇仮面 その十三

カサリ‥‥‥
道の真ん中で、小さな何かが微(かす)かに動いた。

脱力して道路にへたり込んでいた私は、反射的にわずかに首を動かし、五メートルほど前方にあったその何かを目で捉えた。
それは単なるゴミ屑‥・、お菓子の包み紙に見える。

私は我に返ったみたいに立ち上がり、すたすたとゴミ屑に近づいて行った。
「まさか‥‥‥」
私はそれを拾い上げる。いつもの「ポイ捨てゴミを見過ごせないゴミを拾う女」の発動ではない。確かめたかったのだ。

「‥‥‥‥‥実奈?」
拾い上げたゴミ屑には見覚えがあった。顔出しパネルの置かれていた駐車場に着く前に、実奈が捨て、私が拾った、お菓子の包み紙と同じものだ。
「まさか‥‥‥」私は同じ言葉を繰り返していた。
実奈は大抵の場合、コンビニで買った30円程の個包装になったチョコレート菓子を、制服のブレザーやスカートのポケットにいくつも忍ばせていた。気が付いたらモグモグと口を動かしていて、食べ終わった包み紙を所かまわずポイと捨てていく。一緒にいる私やみんなに差し出して振る舞う事は無かったが、私は「ゴミを拾う女」だったので、お菓子の味はさて置き、その銘柄(めいがら)だけはしっかりと覚えてしまっていた。
道路には観光客の姿は一切見当たらないし、偶然こんなものがここに落ちているはずがない。まさかではなく、これは実奈が捨てたもの‥・そんな気がする。そう思いたかったのかも知れないが、考えられない事もないはずだ。「認識できない」事の詳しい定義などきっと誰も知らない。骨董屋のおじいさんも当事者ではないから、あくまでも推測推論であると断っていたではないか。捨てたのが例え認識できなくなった実奈本人だとしても、ゴミ屑はその定義の範疇(はんちゅう)にはなくて、普通に認識できるのだと考えても決しておかしくはない気がする。

様々な考えを巡らすうちに私は、さっきまでの脱力感とは打って変わって、気持ちが高揚していくのを感じ取っていた。
「だったら!みんなが今もここにいて‥‥‥この道を通って行ったかも知れないってこと!?」
考えてもみなかった。考える余裕が無かったのだ。私はみんなを認識できなくなったが、みんなからは私は一体どうなったのだろうか?
私の前からみんなが消えた様に、みんなの前からも私が消えたのだろうか?
そしてそんな状態がそのまま進行しているのだろうか?
SFによく出て来る「パラレルワールド(並行世界)」みたいに‥‥‥‥‥。

私は、以前沙織がこっそりと私の耳元で囁いた言葉を思い出していた。
私がみんなといて、いつもみたいに実奈の捨てたお菓子の包み紙を拾い上げた時だ。
「実奈って、あなたがいない時にはゴミは捨てないのよ。知ってた?」
「え‥?」私は沙織の顔を見た。
「あなたがいるから、あなたに拾ってほしくてわざと捨ててるのよ」沙織はそう言ってえくぼを見せる。「あの子、あんまり喋らないしいつも何考えてるか分からないけど、あなたの事がお気に入りなの。大好きなのよ。ゴミを捨てるのはあの子なりのあなたへの意思表示なんだと思うわ‥‥」
「ま‥まさかァ」私は真に受けなかったが、歩いているだけで誰もが振り返る、まるでモデルみたいにスレンダーで美人の実奈が、それまでより近くに感じられる気がした。

道路の前方を‥‥、私の方を見ながらお菓子の包み紙を捨て、向き直って歩き去る実奈の姿が目に浮かんだ。
「‥・実奈やみんなはこの近くにいて、私を探してくれているのかも知れない‥‥」

私は手にしていたお菓子の包み紙をスカートのポケットに突っ込み、単純なその一本道の道路を、帰り道とは反対の山の方に向かって歩き出していた‥‥‥‥‥

次回へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。