悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (66)

第二夜〇仮面 その十

かつて『切っ掛けの地』と呼ばれた今の観光地を、修学旅行の自由行動で私達は訪れた。
そしてこの地ゆかりのアニメが描かれた顔出しパネルで記念撮影したことで、予期せぬ不可解な『変化』に見舞われる。
パネルから顔を出していた私の友達、文音 陶子 実奈 凪子 沙織が、それぞれの顔の部分だけを残して忽然と姿を消したのだ。
骨董屋のおじいさんは残されていた顔を、仮面と呼んだ‥‥‥‥‥。
おじいさんの言葉に、思わず私は座っていた椅子からお尻が浮くほど身を乗り出していた。それまで私は、顔を残して消えてしまったみんなに何かが起こったのだと当然の様に考えていたからだ。しかしおじいさんは、そうではなくすべては私自身に起こった事なのだと指摘したのだった。

「私は!私には何も変わったことは起こっていません!」
おじいさんは首を横に振る。
「あなたが撮影して、お友達五人全員ががいっぺんに消えた。この仮面を残してね‥‥」
おじいさんと私は、机の上に並んでいるみんなの顔を同時に見ていた。
「これらの仮面は、あなた由来のもの‥、あなたが彼女らに着けていたか着けさせていた仮面だと、考えられます」
「ちょ、ちょっと待って下さい!どうして私がみんなに仮面を着けさせなきゃいけないんですか⁉まるで意味が分からない」
おじいさんは僅かの間をおいて、こう答えた。「おそらくその方が‥・あなたにとって都合がよかったんでしょう」

あんまりな話の展開に私はこの時、おじいさんを睨(にら)みつけていたかも知れない。みんなに仮面を着けて、それでどうして私の都合がよくなると言うのか?
「おっしゃっている意味がまったく理解できません!」
「だったらこう言う例えはどうでしょう。とかく周りの人間の顔色を窺(うかが)いながら生きている男が居るとします。男はできるだけ彼らの機嫌を損ねない様、できるだけ彼らと上手くやっていこうとして、毎日へとへとに疲れ切ってしまいます。疲れ果てた男はやがて無意識のうちに、ある打開策を見い出してく。攻撃は最大の防御なりで、いちいち思い悩むのをやめにして、彼はたぶんこう言う人なんだからしょうがない‥・彼女はおそらくこう言う考えの持ち主だから仕方がないと、彼らに接して少しの情報が集まった段階で高(たか)を括(くく)ってしまうのです。男にとってそれは自分が壊れてしまう前の逃げ道でもあるだろうし、救いにもなる‥‥‥。つまり楽に生きていく為の防衛本能のある種の体現です」
「‥‥‥‥‥‥‥‥そ‥その男が私だと?」
「いえ、これは飽くまでも一つの例えです。しかし、高を括った瞬間から男は、周りの人間の顔に、自分にとって都合のいい仮面を着け始めているのではないでしょうか‥‥‥」

私は水底(みずぞこ)の泥の様に沈黙し、机の上のみんなの顔を凝視していた。
私の友達‥。気心の知れた仲間達‥・。みんなの為なら、みんなで楽しくやれるんだったら何でもするし、現にずっとそうして来た‥‥‥‥‥‥
偽りではない。決して偽りではない。みんなを軽んじたり貶(おとし)めたりしたことなど、ただの一度だってない。‥‥‥ない。‥‥‥ない。‥‥‥ないんだ‥‥。

「‥・私は楽などしていません。一生懸命生きているだけです‥‥‥‥‥」
私は、漸(ようや)くそれだけの言葉を絞り出した。

次回へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。