悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (60)

第二夜〇仮面 その四

「最近‥‥よくあるんだよ‥」
それが、「私と行動を共にしていた五人の友達が突然顔だけを残して消え失せた出来事、いや事件と言ってもいい」への店のおばさんの返答だった。

つまらない世間話でも始まりそうな台詞。私はおばさんの、深刻さの欠片も感じられないその凡庸(ぼんよう)な言葉に少々面食らったが、しかし同時に、もしかしたらこの事態を収拾するのは簡単で、すぐにその方法を彼女の口から聞けるかも知れないという期待を持った。
だがその期待はすぐに裏切られた。おばさんが次に口にしたのは、まったく突拍子(とっぴょうし)もない指摘の言葉だった。
「もうあんたは‥その友達らに会えないだろうよ。諦めな」

「えっ?えっ?どういうことですか???」
「だってそうだもの。今まであんたと同じ目に遭った人たちはみんなそうだったもの。仕方ないよ」
いとも簡単に突き放されたかたちの私は泣きそうになった。思わずその場に座り込んでしまった。
「どうしよう‥‥どうしたらいいの?もうわけが分からない‥‥・」
おばさんはそんな私に対して、ここで初めて気の毒そうな顔をして見下ろした。

「困ったねえ。そりゃあ困るだろうよ‥」
「‥‥修学旅行で来たんです。時間までに集合場所に全員一緒で帰らないと‥・きっと大騒ぎになります‥‥・」私は手の中にあるみんなの顔を、涙で霞んでいく目で見つめた。

「‥もう一度探してみます。警察の人にも相談してみます‥‥‥」私は独り言の様なか細い声でそう言って、ふらりと立ち上がった。みんなでここへ歩いてくる途中、玩具のプラスチックブロックの白と黒で拵(こしら)えたみたいな小っちゃな交番があったのを思い出していた。
おばさんが首を振った。私に忠告する。
「警察に頼んでも無駄だよ。消えた人達は行方不明になったわけじゃあないみたいだからね‥。どうも姿を消した後でも、元の場所で普段通りに生活してるらしい。あんたの友達らもたぶんその集合場所に時間通りに現れて、何の騒ぎにもならないはずさ‥・」
「????」私は目を丸くした。「いっ、言っている意味がわかりません」
「要するに、消えたのは顔を拾ったあんたの前からだけで、これからずっと会えないのもあんただけだって事だ。不思議だね」
「ますますわかりません!」
一つ一つの言葉の意味がこんがらがって繋がらない。私は頭が混乱した。

そんな私にお構いなしにおばさんは続ける。「骨董屋のじいさんが上手い事言ってたよ。落とした顔は仮面だったんだって。仮面が外れて透明人間になったんだってね」
「か‥・仮面?」
「ああそうだそうだ。そのじいさんに聞くといい。商売人にしちゃあ取っつきにくい学者肌の偏屈者だけど、あたしや警察よりはずっとマシだよ。ちゃんとあんたの相談に乗ってくれるだろうよ」

 
私は背負っていた小振のリュックを降ろし、みんなの顔を中に仕舞った。因みにそのリュックは、自由行動の際に使おうと凪子とお揃いで新調したものだった。
「ありがとうございました。早速行ってみます」
頭は混乱したままだったが、私はリュックをしっかりと背負い直し、おばさんに丁寧に頭を下げて店を出た。

道路には相変わらず人の姿は無い。
「仮面‥‥。仮面が外れた透明人間‥‥‥か」
私は一本道を、おばさんの指示通りに右に歩き始めた。確かこの先の向かい側の並びに、目指す骨董屋があるはずだ。

次回へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。