悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (58)

第二夜〇仮面 その二

アニメ「天と地と僕と」の顔出しパネルの空洞が五つの顔で埋まった。

パネル中央は、主人公の「ワタル」をこよなく愛する文音の丸くふくよかな顔。取り巻く四獣神の戦士達は、右上から凪子。紅一点の「サキ」を選んだ割には、元気いっぱいの男の子みたいな顔だ。左上の岩の如き巨体の持ち主「ゲンブ」には、最も似つかわしくない実奈の顔。スレンダーな肢体でハーフ美人の様な顔立ちの彼女は、いつもの飄々(ひょうひょう)とした表情で、今も何を考えてるのか分からない。でも無口なところだけはゲンブと似ている。右下左下の「セイ」と「ハクビ」に収まるのは沙織と陶子。気乗りのしていないはずの沙織だが、両頬にえくぼを見せて満更(まんざら)でもなさそう。ぶつぶつ小言の絶えない陶子は、結局と言うかやっぱりと言うか、四獣神で一番の美形キャラであるハクビを選択。あっぱれ。

こんな時の撮影に「はいチーズ!」は無いだろう。何時(いつ)でも何処(どこ)でも少しでも、みんなに気に入ってもらえる行動を心掛け実践する事を常としてきた私は、スマホを構えながらこの場に相応(ふさわ)しい掛け声を探した。
確か凪子が事あるごとに真似ていた作中の名台詞(セリフ)がある。そいつを拝借(はいしゃく)する事にした。
「いい?みんな行くよ」シャッターボタンに指をかけ‥‥、そしてその台詞を投げかける。
「我ら身命を賭(と)して、天と地を結ぶ生綱(きづな)とならん!」

カシャッ!
好感触。みんな良い顔。

カシャッ、カシャッ‥‥‥。私は五回続けてシャッターを切った。その後、自分越しにパネルのみんなの顔を入れて二枚ほど自撮りした。

「撮れたよー」
スマホに残るデータを確認しながら、私はゆっくりとパネルに近づいて行った。

「‥・え?‥まだ続ける?」私がパネルのすぐ前まで来ても、みんなは穴から顔を外していない。
「わっ、わかったよ‥」パネルに背を向け戻ろうとする私。だがその時‥‥・奇妙な違和感を覚えた。
振り向いて、パネルに出ているみんなの顔を見直した。
「‥‥‥‥‥‥‥‥」

変わっていない‥‥・。さっきから‥・みんなの顔の表情が、1ミリも変化していないのだ‥。

「ねえ‥‥陶子?」一番近い距離の彼女に声を掛けてみる。しかし‥・、返事は無い。
「ねえ、みんな???」やはり沙織も、文音も凪子も実奈も‥‥、一切の反応を見せない。
目がおかしい。みんなの開いた目に、光が宿っていない気がする。陶子の顔のすぐ目の前で小刻みに手を振ってみたが、やはり何の反応も無かった。
これはただ事ではない。私は慌ててパネルの裏側へ回った。

「え‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥」

私は、呆然と立ち尽くした。
そこには‥‥‥‥誰の姿も無かった。
そしてその時、そよと風が吹き‥‥、顔出しパネルの穴に張り付いていた五人の顔が、ポトリ‥・またポトリと‥‥‥、踏み台やアスファルトの上に落ちた。

落ちた顔達はまるで、お面の様に見えた。

次回へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。