悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (44)

第一夜〇タイムカプセルの夜 その二十九

それはまるで‥‥‥B級のゾンビ映画でも観ているような光景だった。

「彼を捕らえなさい!」
委員長の指示が、席から立ちあがった一同を波打たせた。
教室後方の出入り口へと走り出した俺に、粘土の人形四体が立ちふさがる。最後部の席に座っていた、小学六年にしては上背(うわぜい)のある連中を模した人形である。
彼らは俺が造形したであろう(記憶にはないが、おそらく無意識でいつの間にか出来上がっていた‥)代物であるせいか、右手と左手、右足と左足の長さと太さが違っていたし、座っていることを前提としたバランスの身体つきなので、立ち姿は何かちぐはぐでおかしかった。それ故、動きは酷く出鱈目で奇怪に見えたが、見た目からは想像もできないほど敏捷(びんしょう)であった。
驚愕(きょうがく)のあまり思わず足を止めでしまった俺に、粘土で出来た数本の腕が伸びてきた。
ベドッ!グイッ!ムンズ‥・
身をかわす間もなく俺の体は彼らによってしっかりとホールドされ、まったく動けなくなった。粘土の手はずっしりと重く、氷のように冷たかった。
残りの人形たちも、さらに俺を取り囲むように集まって来た。

「わっ、分かった。頼む‥放してくれ。もう逃げるような真似はしない‥‥‥」
俺は動揺していた。とんでもない事態になっているのを、やっと実感できていた。
「‥‥いいわ。放してあげなさい」委員長の声に、俺を捕らえていた人形たちの手が離れていった。
解放された俺は委員長を見た。いつの間にか彼女は教壇に立ち、教室全体を見渡していた。まるでこれから俺と粘土の人形たちに退屈な授業を始める、担任の教師のように。
罪を裁かれ、罰を受ける‥‥俺はここから出られない‥‥‥‥‥‥
この校舎に入った時から俺の運命は、すでに委員長の手中にあったのだ。

「あらあら!」委員長がおどけた口調で言った。
「そこの席に一人、立てないで座ったままの子が居るわね‥。どこか具合でも悪いのかしら?」
委員長の目線の先、確かに未だに動かないでいる人形があった。それは、委員長の人形‥・。頭の部分が大きすぎて折れ曲がり、机に突っ伏したままの状態の彼女自身の人形だった。
委員長が俺を見た。「ねえ!あなた。その子の様子を看てみてくれない?」
彼女の言葉に呼応するように、俺を取り囲んでいた人形たちが静かに退いていき、道を開けた。
「‥‥‥‥‥‥‥‥」何を企んでる?何があるんだ?と、そう思いつつも仕方なく俺は委員長の人形の席に近づいていった。

机に突っ伏して動かない人形を見下ろす。
委員長は一体何を望んでいる?この人形の姿勢でも直せばいいのか?‥‥・
しばらく眺めていたその時である。「‥ん?」人形の粘土の表面、髪の毛を模(かたど)った後頭部あたりが、僅かに変化した気がした。俺は顔を近づけて目を凝らす‥‥‥‥‥
‥‥プ‥‥‥プツッ‥‥‥‥‥‥
小さな‥‥穴が開いた。

次回へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。