悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (23)

第一夜〇タイムカプセルの夜 その八
それが‥‥たとえばテーマパークのアトラクション体験で、ふたり手を繋いでのデートだったらどんなに嬉しかったことだろう‥‥‥‥‥
俺は‥・委員長に手を引かれて、得体のしれない空間に足を踏み入れている。見せかけは学校の廊下だが‥‥そうであるはずがない場所に‥‥‥‥‥。

リノリウムの床が微かに、怪しく光っている。
俺と委員長はその光に一歩一歩足を載せる様にして、ゆっくりと進んでいった。

「‥‥震えてるの?怖い?」委員長が小さな声で言った。
「震えてなんかない。怖かないさ、ただ‥‥‥‥」俺は慌てて答えたが、後の言葉は出てこなかった。まさか正直に、きっと君と手を繋いで胸が高鳴っているからだとも言えまい。
しかし、良く言われる「吊り橋効果」の解釈で、今のドキドキがもしかしたら、この「とんでもない吊り橋」を渡っているせいではないのかと思えてきた。

と‥その時、誰もいないはずの背後で、キュッと床を鳴らす靴の音がした。
振り向く暇(いとま)も無く、何者かが、委員長と俺の間をこじ開ける様に体当たりしてすり抜けて行った。瞬間、何故か白い煙が上がった。
「何⁈」「ゴホゴホ!」
俺と委員長の繋いでいた手が解(ほど)けた。
黒い小さな影法師が駆けている!両手に何かを持って、大量の白い煙を立てながら走り去って行く!
「おい!待て‼」俺は追いかけようとした。
きゃはははははははーー
不気味な笑い声を響かせながら、そいつは物凄い敏捷さで、遥か前方の薄暗がりにあっという間に見えなくなった。

「‥チョーク‥‥‥」
委員長の呟きに、俺は振り向いて彼女を見た。
彼女のブラウスとスカートは、真っ白に汚れていた。
「だっ、大丈夫か?」
「大丈夫‥・どうやらこれ、チョークの粉‥‥」彼女は俺を見て、小さく笑った。「あなただって真っ白よ」
委員長の言う通りだった。

「私達、チョークの粉がたっぷり付いた黒板消しで叩(はた)かれたみたい。大した歓迎だわ」
「よっ、良く落ち着いていられるな。驚かないのか?この中に人がいたんだぞ!」

委員長は、俺の詰問に答えること無く、真っ直ぐ俺を見て静かに言った。
「タイムカプセルはただの容器。入れてある中身を保護する入れ物に過ぎない。この校舎がタイムカプセルなら、やっぱりただの入れ物‥‥‥‥」
俺はゴクリと唾を飲み込んだ。
「最初から問題は‥‥何を入れてあるかなのよ」

次回へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。