悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (14)

序〇糞(ふん) その十四
‥一歩‥‥次の一歩‥‥‥
男は音を立てないように、細心の注意を払っていた。
手が届く場所まで来ると、腰を屈めて手を伸ばす。
広口瓶を取る右手が震えていた。
瓶をゆっくりと傾け、左手で受ける。丸い塊数粒が転がり込むのを確かめて、しっかりと握りしめた。
少年は背を向けたまま、棒を動かし続けている。
上手くいったか‥・。男はフィニッシュでも決めるように、寸分たがわぬ元の位置に瓶を戻した。そして片足をそうっと引いて後退りを始め、止めていた息を吐き出す安堵感が生まれたその時だった。突然、頭の中に声が響いた。

「人間はいけねえ‥‥・」

男は、左手が何かに圧迫されるのを感じた。見ると、不気味な紫色をした大きな手が。男の左腕をがっしりと鷲掴(わしづか)みにしている。

男は大きく目を見開いた。いったい何者の手なんだ?
見開いたままの目で、その手がいったいどこから伸びて来ているのかを辿っていった。
太い腕があり、間接があって、岩の様な筋肉が盛り上がった二の腕へと繋がっている。男は瞬間、幼い頃昔話で見た、捕まえては人を食らう恐ろしい鬼の挿し絵を思い出した。
そして二の腕の先‥・不自然なねじれを見せて、背を向けたままでいる少年の前方へと回り込んでそれは消えていた。

「油断も隙もねえ‥‥・人間はこれだから、いけねえ」
頭に直接響いてくる声は紛れもなく少年のものだった。だったらこの紫色の手も少年のものなのか?‥‥‥・
男は、ずっと背を向けたまま微動だにしなくなった少年に向かって、何か言おうとした。たぶん言い訳をしようとしたのだ。しかし、言葉が出てこなかった。金縛りにあったように全身の身動きが取れなくなっていて、声も出せなかった。

「おいら達がいくら真っ当に付き合おうとしても、人間がこれだから何にもならねえ」

「ここはひとつ、しっかりと懲らしめねえとな‥・な‥・なあ!」
男の腕を掴んでいる大きな手に、力が込められた。

ギリっと音がした。
激痛が走った。あまりの痛みに耐えかねて、男は精一杯抗(あらが)おうとしたが、からだ全体がピクリとも動かなかった。

ミリっと音がした。
腕の肉がよじれ、潰れていく感触がした。男は「やめてくれ!」と叫んだつもりだったが、口は動かず、やはり声にはならなかった。

ミシリと音がした。
骨が砕けたのがはっきりと分かった。男は苦悶の表情で声を限りに叫んだ感覚だったが、表情筋は微動だにせず、声帯は一切の機能を忘れ去っていた。

男に残された選択肢は、一刻も早く、意識をなくすことだけだった。
男は目を見開いたまま‥失神した‥‥‥・

次回へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。