悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (13)

序〇糞(ふん) その十三
「どっ、どういう事だい?」
男は戸惑った。そして同時に、少年が、少年の姿に見えるこの人物が、一体何者なのかという疑問がさらに強くなった。

「あんたは確かにいいお客になるに違いねえ。より強い刺激を求めて、次から次へとこいつを買い求めて下さるだろうからな」
「‥ああ、確かにそうかも知れない。それで、依存症にでもなるというのかい?」
「おいらが言いたいのは、こいつで見る悪夢は、人間が新しい技術で拵(こしら)えた映像やアトラクションを体験するのとは訳が違うって事だ。こいつを試すのは言わば、他人の脳が放流した混沌の水で出来上がった海原に、ちっぽけで無防備なボートを浮かべて漕ぎ出すようなものさ。あんたは刺激を求めてるわけだから、大波や嵐でも面白がって、転覆もせずに乗り越えちまうだろうよ‥‥・。だがな、あんたの精神のささやかな防壁であるはずのボートの底が少しずつ、ほんの少しずつ、腐食していってる事にあんたはきっと気付かない‥‥‥・」
「‥‥‥そして‥どうなるんだい?」
少年は男の表情をゆっくりと窺い、言った。
「何の前触れもなく、いきなり底が抜けて‥‥あんたは海の底に落ちて行く。恐らく二度と浮き上がってはこれまいよ‥‥‥」

男は、黙り込んだ。

「そういう人間がいたって話さ‥‥」

少年は作業に戻るため、徐(おもむろ)に立ち上がった。そして男に背を向ける際(きわ)、こう付け加えた。
「何もがっかりすることは無い、商品は適度に回してやる。その時はあんたの持ってる端末が、勝手に販売サイトに繋がるだろうよ‥」
「ほっ、本当かい⁈」男がにわかに色めき立った。
「ああ、あんたがここでこうしているのも何かの縁だ。悪い様にはしない‥・気長に待つこった‥‥・」

「‥・そうか‥‥待っていればいいのか‥‥‥・」男が、独り言の様に呟いた。

少年は早速新しい糞を見つけて、棒で突き始めた。
男は、少し後ろから少年の背中をぼんやりと見ていた。先ほどの悪夢の体験を、もう一度思い返してみる。
何と蠱惑(こわく)的な世界であったことか‥‥出来る事ならすぐにでも次を試したかった。これでは、美味しそうな餌の臭いだけ嗅がされて、お預けをさせられている犬の様ではないか、と男は思った。

「‥‥待てば‥いいのか‥‥‥・・」

ふと男がしゃがみ込んだ少年の尻の後ろに目をやると、ちゃんと中身の入った広口瓶が、蓋の開いたまま、草の上に無造作に置かれていた。
どうやら先ほど採取して手に持っていた塊を入れて、バッグにしまわずにそのままにしてしまったらしい。

男の視線が瓶に釘付けになった‥‥‥。

次回へ続く

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。