ぼくらのウルトラ冒険少年画報 (14)

第三話「秘密基地」 その三
「セブンのカプセル怪獣は全部でいくつあるん?」
「さあーわからん。そやけどダンが持ってる箱の中にカプセルが四個か五個入ってたで。」
「なんや・・お前も何でも知ってるわけやないのか。」
「・・・ウルトラマンの事やったらわかるけど、セブンはようわからん。」

他愛のない会話を交わす二学期が始まったばかりのけだるい教室の休み時間。

当時、世界は冷戦の最中。「ベトナム戦争」への米軍の介入によって日本でもその報道の頻度が日増しに上がっていました。
空想科学特撮ドラマ「ウルトラマン」の後番組として放送が始まった「ウルトラセブン」のいくつかのエピソードはおそらくその影響を受けており、小学生の私には難解で深刻なものに感じることも多く、「ウルトラマン」ほど手放しで夢中になれなかったのを覚えています。
話が途切れ、話題が尽きた瞬間を私は待っていたようです。
人に聞いてもらいたくて仕方のない事が胸中にあったのです。
「基地。作ったんや。」

「えっ何それ?」
「二階建てで、はしごもついとる。緊急出動用のロープもあるぞ。」
「おおっなんかすごそうやな。」

夏休みも終わろうという最後の数日、宿題用だったのか私は同級生たちの昆虫採集につき合って野山を歩き回っていました。
町の中心は港に面した平地にありましたが、そこを取り囲むように見晴らしの良い台地が二つの岬と豊かな自然とともに広がっていて、畑や中学校、灯台や観光施設もこの場所にありました。上ったり下ったりは大変でしたが、こういう台地の起伏が景観に生命を与えるのだと今は感じます。

私は昆虫採集は苦手でした。やったことはありましたが捕まえた蝶やセミを殺せなかったのです。標本を作るには致命的な資質です。
私は捕虫網を振り回す数人と距離を取り、林に沿った道をフラフラと手持無沙汰に歩いていました。
と前から、中学生の一団が向かってきます。その中に私のいとこのお兄さんがいるではありませんか。
例によって何か面白いことが始まる予感がしました。少し年上のお兄さんたちは私の想像を超える遊び上手が揃っていたのです。

私は彼らについていく事に決めました。

次回へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。