ぼくらのウルトラ冒険少年画報 (13)

第三話「秘密基地」 その二
「白い闇」について書き進める前に「トンネルの顔」について触れておかなければなりません。

まだ夏の盛りの頃でした。
まるで山全体が鳴いているのではと錯覚してしまうほどのセミの大合唱を聞きながら、私と友人は自転車を押しながらどれどれ坂を上っていました。その先には例のトンネル。
「トンネルや。トンネルの中はひんやりして涼しいぞ。」
「・・・・・・」
流れる汗をそのままに私はただうなづいて返します。

既に私はトンネルで目撃した顔の正体を知っていました。
幾度となくバスで行き来するうち、やはり「顔」はそこにあって単なる落書きであったことがわかります。
一度、歩いて通り抜けた際まじまじとそれを観察してみると1メートル余りの高さの内壁に4、50センチの大きさで、拾った石でも使ったのか荒々しく削ったように丸い輪郭と吊り上がった両目、ギザギザの歯がむき出しになった口が描かれていました。
至極単純で稚拙な絵です。

しばらくして私は絵から顔を背けました。
私にとってそれはとてつもなく「嫌な絵」に思えたからです。
何の迷いもない線の勢いが迫ってくるからか、何らかの悪意が感じ取れたからか、はっきり言えませんが、例えばショッキングな「心霊写真」を見せられた時の感覚に似ています。
長く見つめていると一生脳裏から離れなくなるのではないかと思わせる、そんな負の力を感じたのです。

(誰が描いたん・・何のためや・・・)

正体が知れてもすぐにまた次の謎が輪をかける・・それが現実です。
現実は、本の物語やテレビドラマと違ってたくさんの謎を振るだけ振って完全なる答えを何一つ用意していないのです。
完全なる答え、解決がないものに「安心」は永遠に訪れないでしょう。

幼い私にはなす術のない壁のような現実の姿です。

山が迫り日陰となってトンネルの入り口が現れました。
「ひぇー。やっぱり涼しいわ!」
友人の声がトンネル内に反響します。
「ホントや・・」
「ひゃっほー!ほぉおー!」
暑さから逃れられた喜びからか、友人は奇声を発しながら自転車にまたがり走り出しました。私も追いかけるように続きます。
入り口からトンネルの三分の一ほどいった所の左側の壁を通り過ぎる瞬間、私も叫びました。
「わああぁぁあぁぁ!」
私の声も反響し私自身の耳にも届きましたが、その残響の最後の刹那、臆病な私を嘲る「顔」の笑い声が聞こえた様な気がしました。

次回へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。