現代百鬼夜行絵図 其ノ六 ぬっぺっぽう

この作品は1998年週刊ヤングジャンプ44号に掲載されました。
ゲームボーイソフト「ポケットモンスター赤・緑」が徐々に盛り上がり、大ブレイクした頃に執筆したものです。

「現代百鬼夜行絵図 其ノ六 ぬっぺっぽう」への2件のフィードバック

  1. 正に今のポケモンgo関連の交通事故やゲーム依存症、米のアラブ兵を撃つゲームなど子供にどのような影響を与えるか考えると怖さを感じますね。
    それにしても「ぬっぺっぽう」「ぬっぺっぽふ」、妖怪図鑑でわりと知られた存在ですが謎めいた訳の分からない存在ですね。死肉から生まれた存在なのかまたはその肉を食べると不老不死となれるような貴重な存在なのか。
    堀井拓馬さんという作家の「夜波の鳴く夏」という作品。なんと「ぬっぺっぽう」が主役の世にも珍しい小説です。舞台は妖と共存している架空の大正時代の感じの日本。妖しい雰囲気で文章もなかなか、とても面白かったです。寡作な作家さんのようですが注目したいですね。

    それではまた来週を楽しみにしております。

    1. コメントありがとうございます。
      「ぬっぺっぽう」のつかみどころがない感じは逆にイメージを膨らませやすかった気がします。
      臭い(死臭、腐臭)からのアプローチも有りかなぁと考えたのを覚えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。