ぼくらのウルトラ冒険少年画報 (3)

本編に触れる前に時代背景を知って頂きたく、今回も当時のテレビ番組について書いていきます。

1960年代後半、「テレビアニメ」はしっかりとお茶の間(昭和の表現ですね)に定着していきます。
ヒーローやロボットが活躍する冒険活劇に加え、1964年開催の東京オリンピックで金メダルを獲得した女子バレーボールを代表とする競技種目や人気の野球などのスポーツもの(後に「スポ根もの」と呼ばれる)、忍者が活躍する時代劇、妖怪などの分野が登場します。

漫画原作はアニメ化されるだけではありません。手塚治虫先生が「テレビアニメ」分野を開拓する以前から、数々の漫画が実写映像化されてきました。「鉄腕アトム」や「鉄人28号」も例外ではありません。
実写ドラマの歴史は古く、私が記憶している最初はぎりぎり「忍者部隊月光」からでしょうか。

漫画原作の実写ドラマは結構名作が多く、1960年代後半のお気に入りのものは、頭がデカくて無表情のマスク(お面)が不気味な「忍者ハットリくん」、首人形がトラウマ的な恐ろしさだった「悪魔くん」、金目像が見たくて観ていた「仮面の忍者赤影」などです。

ただここで記しておかなければならないのは、少年達を虜にした漫画原作以外のテレビムーブメントです。
イギリス、ジェリー・アンダーソン制作の特撮人形劇と、円谷プロ制作の空想特撮シリーズの登場です。
「海底大戦争」
「サンダーバード」
「キャプテンスカーレット」
「ウルトラQ」
「ウルトラマン」
「ウルトラセブン」

見たことのない乗り物のミニチュアワークや怪獣が当時の子供たちにどれほどのインパクトを与えたか、はかり知れません。
漫画界もそれらに明らかに影響されていきます。

そして満を持して登場するのが、後の巨大ロボットアニメブームへの指針的作品「ジャイアントロボ」です。
「ジャイアントロボ」は「鉄人28号」と同じ横山光輝先生の原案・原作の実写特撮ドラマで、アニメでは表現できなかったロボットの存在感が際立っていました。
前述した特撮番組の影響も垣間見れて、操縦システムの高度化(腕時計型の音声入力装置)やロボットの体内に隠された武器の数々(ミサイルや破壊光線)は1960年代前半のアニメからは隔世の感があります。

今考えるに、与えられる側の少年にとって漫画であれアニメであれ特撮であれ区別はなく、それに「胸躍らせる」事ができれば幸せだったのかもしれません。
表現方法は間違いなく刻々進化しています。
問題なのはいつまで「少年」でいられるかだという事に当時を振り返って気づかされました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。