ぼくらのウルトラ冒険少年画報 (2)

今回は「ぼくらのウルトラ冒険少年画報」本編内で折々の情報として挿入していこうと考えていた当時のテレビアニメについて記してみようと思います。
以下年表(1963年~1966年)を作成した時にリストアップしたタイトルです。
「鉄腕アトム」
「鉄人28号」
「エイトマン」
「狼少年ケン」
「ビッグX」
「スーパージェッター」
「宇宙エース」
「宇宙少年ソラン」
「遊星少年パピー」
「W3(ワンダースリー)」
「ジャングル大帝」
「オバケのQ太郎」
「おそ松くん」
「レインボー戦隊ロビン」
「ハリスの旋風」

「サイボーグ009」は劇場で「ホルスの大冒険」や「ひょっこりひょうたん島(アニメ版)」と一緒に観た記憶が強く、テレビ版は曖昧なので外しました。
この中でも「鉄腕アトム」「鉄人28号」は以降の作品をけん引していった立役者であり、私自身の思い入れと共に簡単な考察をしてみます。

当時、漫画とアニメは同一に語られる印象があり作品の内容も記憶の中で渾然一体となっているかもしれませんがその点はご容赦下さい。

2作品は常に私の幼少期の記憶とともにあります。玩具(今でいうキャラクターグッズ)、雑誌、お菓子・・・当時のアニメはほとんどが一社提供で、鉄腕アトム=明治製菓、鉄人28号=江崎グリコという具合で生活の中にあふれていました。
お話も勧善懲悪の冒険譚が多く、中でもロボットが活躍するものが少年の心を虜にするのは必然でありました。
しかしながら今振り返ると「鉄腕アトム」と「鉄人28号」は全く違う色を持つ作品だという事に気が付かされます。
「鉄人28号」は金田正太郎少年がリモコンで操縦するロボットであり「敵に渡すな大事なリモコン」と歌で登場するとおり、少年に正義の心とリモコンがある限り悪を懲らしめることができるという単純明快な設定で、子供心にもしっくりくるものがありました。

一方「鉄腕アトム」は違います。アトムは天馬博士が交通事故で失った息子トビオの代わりとして創りあげたもので、さらに天馬博士に見限られサーカスに売られます。この時点でアトムの背負っているものが理解できる子供たちが何人いたでしょうか?
お茶の水博士の庇護を受け活躍するアトムは確かに魅力的ではありましたが、アトムが人間の社会にとけ込めばとけ込むほど、今でいう「AIが自我に目覚める」というテーマが浮き出だしてきます。
アトムはピノキオのように神様の力で人間になる事は出来ませんでした。
途中から妹ウランが登場し更にはパパやママがお茶の水博士からプレゼントされ家族を装う展開(バーチャルファミリー?)は違和感というより残酷さを感じさせるものがあり、ロボットが活躍する未来を夢見る幼少期の自分でもそこに微かな矛盾の匂いを感じ取っていたのか、手放しで楽しめるような事がなかったように思います。
手塚治虫先生のキャラクター設定は背負っているものがあまりにも重いと感じる事が多いです。先生が天才がゆえの哲学的な偏向なのかもしれません。

やがてテレビアニメは「マジンガーZ」を筆頭とする操縦型の巨大ロボットが主流となっていきます。日本のアニメ文化に造詣の深い「パシフィックリム」の監督ギレルモ・デル・トロ氏は、「巨大ロボット・科学技術への信頼性」は日本人特有なものだと語られていました。
私が「苦しむAIアトム」ではなく「リモコンで正義の意思を伝えられる鉄人」を好んだのも後のテレビアニメの潮流を暗示するものだったのかもしれません。

「ぼくらのウルトラ冒険少年画報 (2)」への2件のフィードバック

  1. 80年代初期に「鉄腕アトム」や「鉄人28号」のリメイク作品ですね私ら世代が見ていたのは。両アニメとも当時らしい作風でした。アトムの方はそんなに毎週見ていた記憶はないです。やはり巨大ロボットものが好きだったのでしょうか。
    「鉄腕アトム」をAI=自我の視点で見たことはなかったです。自分には等身大ロボットものの娯楽作品と見ていましたが見方を変えればそういうテーマが含まれた作品でもあったのですね(幼き日の先生の感性に驚嘆しました)。

    漫画、小説など様々な媒体でこのテーマの作品が多々ありますが私のお気に入りの作品は山本弘さんの「アイの物語」です。人間とAI(ロボット)たちとの違い(時間、感性、言語、その他)についてここまで現実的に描いた作品は思い当たりません。自分の中でこのテーマにおける最高傑作と思っております。面白かったです。後、浦沢直樹さんの「PLUTO」忘れてはなりませんね。凄いという他ありません。

    昔のSF作品の世界の技術が現実になりつつあると思うと嬉しさや期待もあると同時に「本当に大丈夫?」と感じてしまいますね。

    それではまた来週を楽しみにしております。

    1. コメントありがとうございます。
      高度な思索、実験を試みたSF小説・幻想小説は
      時には哲学書・宗教書の様相を呈することがあります。それらは人類の宝となるべきものでしょう。
      漫画の未来もかくありたいものです。
      「アイの物語」未読なので読んでみます。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。