映画監督に会いに行く

古い原稿を整理していたら、数枚のカラーイラストが出てきました。





ご覧いただいたのは、1990年週刊ヤングジャンプ8号の巻末グラビアに使われたもので、その年の1月末に封切られた日本映画「ZIPANG」の宣伝告知のための企画でした。

この時私は、イラストを描くだけではなく撮影所までライターの方と足を運び、映画「ZIPANG」の監督・林海象氏にお会いして取材までしています。
漫画家の私がそのような仕事を受けることになったのは林監督のデビュー作「夢みるように眠りたい」をいたく気に入り、その感動体験を周りの人に吹聴していたからかもしれません。

「夢みるように眠りたい」は1986年公開の映画。モノクロサイレントで字幕付きという活動写真と呼びたくなる仕上がりで、ミステリー仕立ての展開ですが何とも言えないロマンチックでセンチメンタルな結末が待ち受けていて、私は思わず涙を流してしまったのを覚えています。
佐野史郎氏がゆで卵好きの探偵役で映画初主演しているのも興味深かったです。

その「夢みる-」を手掛けた林監督にお会いできるチャンスをいただいたのです。
断る理由が見当たりません。

取材は撮影の合間、畳が敷かれたセットのような喫茶室で行われ、実のところ私は緊張のあまり何を話したのか良く覚えていないのですが、どういう経緯か大友克洋監督の映画「アキラ」(1988年)の話になり、その結末について林監督が語られていたのを思い出しました。
しなやかで物静かでありながら熱い思いをお持ちの監督でした。
その節は拙い質問にお相手下さりありがとうございました。

蛇足ですが、この時の取材で私は映画のラッシュというものを初めて観ました。
一本の映画がいかに手間暇をかけて作られていくかが窺える滅多にできない経験でした。

「映画監督に会いに行く」への2件のフィードバック

  1. 「ZIPANG」ですね。ずいぶん前にテレビで視聴したので詳細は忘れましたが高島政宏さん演じる地獄極楽丸(すごい名前)が外国人の悪役と対峙する際、相手がフェンシングみたいな剣なので極楽丸もそれに合わせてピュンピュンとうなる柔金属製の剣を抜いて戦闘したシーンが印象的でしたが記憶があやふやです。
    それにしてもこのカラーイラストの素晴らしさ。目を見張ってしまいます。
    「夢見るように~」はアマゾンで値段がすごいことになっています。やはり魅力的な作品なのでしょう。いつか是非鑑賞してみたいですね。
    近年の日本映画の事をとやかく言うつもりはありませんが少し肩の力を抜いて「ZIPANG」みたいな元気な冒険活劇、年齢性別問わず楽しめる娯楽性のある日本の映画作品もっと出てほしいのは私だけでしょうか?
    それではまた。

    1. コメントありがとうございます。
      主役の地獄極楽丸の絵は何故か描きませんでした。
      カラー(当時は4色と呼んでいた)はアクリル絵の具を使っていましたが、今はデジタルです。
      隔世の感があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。