クライヴ・バーカー原作の仕事(3)

クライヴ・バーカー原作の三作目となる仕事は、1988年3月映画「ヘル・レイザー」日本公開にあわせ出版された原作本「魔道士」(集英社刊)を漫画化する事でした。
掲載される雑誌は、週刊ヤングジャンプから独立した「月刊ベアーズクラブ」の創刊号。
新書サイズのハードカバー本「魔道士」と数枚のスチール写真、宣材用のリーフレットを手渡され、配給会社の試写室で一人公開前の「ヘル・レイザー」を観ました。

映画「ヘル・レイザー」はクライヴ・バーカー自身が脚本・監督を手掛けたものでしたが、ストーリー・人物設定等が原作と若干異なります。
漫画は活字と違いビジュアル優先と考え映画に寄り添うような形で描きました。
なぜなら映画のキャラクターの存在感が強烈で、たとえば頭や顔じゅうに釘が刺さった男(ピンヘッド)はぜひ描いてみたいと思わせるものでした。
このキャラクターのインパクトのおかげ?で「ヘル・レイザー」は以降7作もの続編が作られたのだと思います。(2013年日本公開、ホラー映画のパロディが散りばめられた映画「キャビン」にもこのキャラクターらしき男が登場してます。)

お話は、「ルマルシャンの箱」というパズルボックスの謎を解いてしまった男と、その親族一家を襲う残酷で不可解極まりない出来事といった割りと単純なものですが、魔界の扉が開いた時現れる魔道士たちのビジュアルインパクトはそれを補ってなお余りあるものでした。

興味のある方は映画、原作双方を合わせてご覧になることをお勧めします。
ちなみに原作「魔道士」は、のちに「ヘルバウンド・ハート」に改題され集英社文庫から発売されました。

「クライヴ・バーカー原作の仕事(3)」への5件のフィードバック

  1. ヘルレイザー続編の2、3あたりは見たような気がしますがよく覚えてません。やはり1(ファースト)が強烈に印象に残っているようです。午後のロードショーでシリーズ全部放映してほしいですね。テレ東様にリクエストしようか検討しています。
    原作の方も機会があれば読んでみたいですね。レビューによると映画と比べて舞台が一軒家のみで話自体も少し地味だとか賛否ありますが・・・
    ルマルシャンの箱、何か売っているみたいです。欲しいですね。まさか魔導士は出てこないでしょうがパズルとして楽しめるのでしょうか?網野先生ご購入いかがでしょうか。

    追伸
    今週の内容とは関係ないですが昨日の夜ネットで偶然「悪魔の収穫祭」というホラー物を見つけまして面白そうなので即注文しました。ひょっとしたら前に角川ホラー文庫か何かで購入したかもしれませんが(しかし読むのがかったるくて読まずにそのうち荷物になるので手離したパターンかも)。年末年始、仕事柄まとまった休みはないですが正月に不気味なホラー物の世界に浸る、粋かもしれません。それではまた。

    1. コメントありがとうございます。
      ルマルシャンの箱は映画では複雑な動きをするので再現は不可能でしょうが売ってるのを見てみたいです。
      ちなみに映画「キャビン」に出てきたパズルボックスは確か丸かったです。
      角川ホラー文庫については語りたい事がたくさんあります。ホラー大賞とかあって頑張ってて、不気味なもの、倒錯、不条理もの、結構ありますよ。

  2. こんにちは、私のひどい翻訳をご容赦ください、これらのヘルレイザーの適応を手に入れる方法はありますか?私はそれを10年間探していました。ありがとう!

    ジェレミー

    1. コメントありがとうございます。
      残念ながら今のところ、ヘルレイザーの漫画をブログで全編お見せする事ができません。
      せっかく探しあててブログにコメントしてくださったのにすみません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。