悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (140)

第四夜〇遠足 ヒトデナシのいる風景 番外編 キャラクターブック(1)

突然ですが、これからいよいよ佳境を迎える『遠足 ヒトデナシのいる風景』をより分かりやすくお読みいただくために 一度整理して置くという意味を込めまして、作中の登場人物などの解説をしてみたいと思います。

〇登場人物(ほぼ作中登場順です)

ぼく(ヒカリ)  お話の語り手であり、この『夢』の主(あるじ)である。夢の中では小学二年生として遠足に参加しているが、意識は大人のそれで、すでに結婚もしているらしい。年齢は不詳(ふしょう)。

モリオ  当初からヒカリと行動を共にしている友人。親友と呼ぶほどの親密感はない様だが、いわゆる『馬が合う』タイプのクラスメートらしく、ヒカリとのさり気ないやり取りが二人の良好な関係を物語っている。チョコレートが好物で、遠足にも五種類を持参し、事あるごとに一種類づつ平らげていく。

フタハ  背が高く、大人っぽい雰囲気の女子。二年生になった春から、合唱部に所属している。

ミドリ  活発でおしゃべりな女子。やはり春から、合唱部に入っている。

ツジウラ ソノ  新学期に入って早々、クラスに転入して来た女子。フタハやミドリに誘われて、合唱部に入る。その容姿は、ヒカリが『ソラ』と呼ぶ少女に似ているらしく、彼女を見かけたヒカリを動揺させる。度々(たびたび)披露される歌唱力でもヒカリを魅了した。
水崎先生の携帯電話捜索には進んで参加し、的確な助言でヒカリとモリオをサポートしている。

タスク  昆虫採集が好きな小柄な男子。遠足にも、虫取り網を持参している。彼の虫取り網は、水崎先生の携帯電話捜索の際のヒカリ達の目印として利用された。

タキアラタたち  ヒカリが『一番エネルギッシュな奴ら』と称するクラスの男子のグループ。休憩場所の菜の花畑では鬼ごっこを始め、葉子先生に、花を損ねないようにと注意される。
芝生広場到着後は、芝生の上に前屈みの車座になってトレーディングカードゲームに興じる姿を、ヒカリに目撃されている。
ちなみに、菜の花畑の鬼ごっこの最中『朧月夜』を歌い出したタキも合唱部に所属している。

高木セナ  独特な言動の女の子で、周りの人間には年齢よりも幼いイメージを持たれている。そのイメージに母性をくすぐられるのか、一人では何もできないと勝手に誤解したクラスの一部の女子達は、必要以上に彼女の世話を焼きたがっている。途中の林の中の道で腕から血を流し、その傷を負わせたのが『人の手に見える虫』だったと言い出した。
ヒカリとは一年生の時から同じクラスで、彼女が持つ『特別な能力』を知ったヒカリは、その時から彼女に興味を抱き続けていた。大人になってから二人は久しぶりに出会い、ヒカリはそれを『人生にとって意味のある再会』だったと語っている。

草口ミワ  いつも高木セナの傍にいて、彼女の世話を焼いている女子の代表。高木セナが無口で引っ込み思案だと、端(はな)から思い込んでいる節(ふし)がある。

次回の、キャラクターブック(2)に続く

悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (139)

第四夜〇遠足 ヒトデナシのいる風景 その二十六

ぼくは作業を続けた。
雑念を振り払い、考えついた手順の作業を黙々と続けて、水崎先生の行方を突き止める事こそ今の自分にできる最善の時間の使い方だと心に言い聞かせていた。

切断された指が落ちていた場所‥起点『A』から、『B』『C』『D』と、流れ落ちた血や倒れたり擦れたりしている草などの痕跡を発見しつつ、辛うじてそれらを繋(つな)いで、『J』まで辿る事に成功していた。繋いできた線は決して真っすぐではなく、蛇行したり大きな回り込みをしながら、出鱈目(でたらめ)に茂みの中を彷徨(さまよ)っていたが、それでもなんとか、起点『A』から二十メートル以上茂みの奥へ、おそらく北西の方向へと移動して来たはずだ。
しかし、この作業がいつまで続くのか見当がつかない状況に、正直心が折れそうになっていた。

「ふぅ‥‥」ぼくは、天を仰いだ。
あれだけ清々(すがすが)しかった青空に、いつの間にか厚い雲が垂れ込め始めていた。春の陽射しを受けた草花の眩(まばゆ)い輝きが、見渡した視界の端の辺りから徐々に奪われて行こうとしていた。
「お天気まで‥‥時間が無いとぼくを急(せ)かしてるみたいだ‥」そんな言葉を呟いて、ぼくは作業を再開した。日が陰ってしまうと、ますます痕跡を見つけにくくなるだろう‥‥‥‥‥

「キッッ-キ-キャァァァ-ァァ---ァ-」
「ん??」ぼくは動きを止め、耳をそばだてた。
突然、風に乗って、おそらく芝生広場の方から、交錯する幾つもの叫び声が聞こえてきたのだ。
「悲鳴?‥歓声か?」女の子の黄色い声であることは間違いない。芝生広場に目をやるとその辺りはすでに日陰に飲み込まれていて、ここからは見上げる位置にあるのではっきりと確認はできないが、随分と大勢があちこちを賑やかに走り回っている気配がしていた。
「ははあ、そうか!」ぼくは想像力を働かせ、すぐに納得した。菜の花畑の時みたいに、タキやアラタたちがまた鬼ごっこでも始めたのだ。どうやら今度は女子たちも誘って、大勢ではしゃいでいるらしい。女子が参加すると、男どもというのは弥(いや)が上にも気合いがはいるもので、いつもより高いモチベーションで女子たちを追いかけまわすタキやアラタたちのお道化た姿が目に浮かんだ。
「まあ‥さっき見かけた時みたいに、こんな大自然を満喫できる場所に来てまで芝生の上にトレーディングカードを広げてゲームに興じている小学生よりは、遥かに真面(まとも)で健全だ‥‥」
そんな下らない事を言っている間に、ぼくの今いる茂みも、見る見る日陰に飲み込まれていった。

「‥え?」
日陰の領域が伸びて行くのを目で追っていて、その先のまだ日なたの領域に、明らかに周辺から浮き上がって見えるこんもりとした場所‥があるのに気がついた。それは、例の巨大迷路の廃墟だと見当をつけていた『こんもりした緑の小山』であった。自分でも知らぬ間に、こんな手の届きそうな距離まで接近していたのだ。
「そうか‥‥。赤い花の存在を確かめる目的もあったんだっけ‥‥‥」

ぼくは当面の予定を急きょ変更し、赤い花の存在を確かめるべく、『こんもりした緑の小山』へと足を向けた‥‥‥‥‥‥

次回へ続く