悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (130)

第四夜〇遠足 ヒトデナシのいる風景 その十七

着信音が流れた。それはまるで擦れ合う草木の葉が奏でた、束の間のメロディーの様だった。

童(わらべ)はみたり‥ 野なかの薔薇(ばら)‥‥
ゲーテの詩、日本語訳詞のあの心弾む『野ばら』の歌い出しの部分‥‥‥

駐車場で聞いていた時よりも、音は遥かにはっきりしていた。
近いのだ。音の源(みなもと)は確かに近くにある。
ぼくは左手前方に顔を向けていた。フィールドアスレチック施設跡地を突っ切る様に北へと伸びた舗装道路、その両側に漠(ばく)として広がる草木の茂み。聞こえてくるのは明らかに左側のエリアからだ。ぼくは草葉が乱雑に入り組んだ視界の中を、なんとか十メートル先辺りまで、目線を這(は)わせていった。モリオも、ツジウラ ソノも、そして路上の少し離れた場所にいる教頭先生も、やはりそちらに顔を向けている。
「あっちだ‥」モリオが指差した。ツジウラ ソノが頷いた。
「そうだな‥」ぼくも頷いた。
「行こう」ぼくは二人に、携帯電話探索の開始を告げた。

舗装道路のわきには数メートル置きに反射板のはめ込まれた80センチ程の白いポールが立っていて、それが道路と道路以外との境界を明らかにしている。ぼくたちはポールを横目に、茂みの中へ足を踏み入れていった。
ガサガサガササ‥ザザササパシ‥パチン!
足に絡む草を踏みつけ、丈の高いものは手で掻き分けながら前進した。思ったよりも大きな音がして、そのせいで肝心の着信音が途切れ途切れになって、ちゃんと聞き取れなくなった。
「おい、もっと静かに進んでみようぜ。さもなきゃ着信音が聞こえないよ」立ち止まってそうみんなに声を掛けた。そして三人とも動きを止めた時、本当に着信音が途切れている事に気がついた。
道路から声がした。「君たち!携帯の呼び出し回数が決まっていて、留守番電話に接続されてしまうらしい。今、先生が掛け直してくれているから。何回も掛け直して、できるだけ途切れさせない様にしてもらうから」と教頭先生が、葉子先生の状況を中継してくれた。
やがて再びの着信音が流れ始めた。
早速ぼくとモリオが動き出そうとした時、後ろにいたツジウラ ソノが声を掛けてきた。
「ゆっくり‥‥ゆっくり‥‥進みましょう。できるだけ草の音を立てずに‥進んでみましょう」
ぼくは、ツジウラ ソノが意見を述べた事に少し驚いて振り向いた。彼女は続ける。
「今はただ、音を聞いて、ただ、音に集中して、音がどっちから聞こえて来るか、どっちへ行けば大きくなっていくか、それだけを考えてゆっくり、ゆっくり、着実に、音に向かって近づいて行くの。音が一番近く聞こえる場所にそれは必ずあるのだから‥‥」
「わ‥わかった」とモリオが言った。
まったくもって彼女の言う通りだと、ぼくも頷いた。

ぼくは、ツジウラ ソノが『物事の本質を見抜く力を持っている』と思ったのと同時に、人に対してこう言う感覚の印象を持つ事を、自分が今まで度々(たびたび)体験してきているのを思い出していた。
それは、幼い娘との思い出‥‥‥‥、突然目の前から消えてしまった『ソラ』との‥何気ない日常のやり取り‥だった。

ツジウラ ソノは、ソラに似ている‥‥‥‥‥
改めてそう思った。

次回へ続く

「悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (130)」への2件のフィードバック

  1. お疲れさまです。
    読みながら物語に入り込み過ぎて私の脳も携帯を一緒に探してました(笑)
    早く携帯が見つかりますように…
    その先が早く読みたいです。

    1. コメントありがとうございます。
      実は、早く携帯が見つかってほしいと一番願っているのは私自身です。さらに、なかなか話が進展しない事に一番いらいらしてるのも私自身です。
      こんなものにお付き合いいただいて感謝します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。