悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (102)

第三夜〇流星群の夜 その十六

僕はその日、二人っきりで話せる場所を選んで、彼女と会う約束をした。
首都圏郊外にあって、条件の良い夜には満天の星を望めるお気に入りの丘である。

僕と彼女は、小高い丘の頂上付近に寄り添う様に腰を下ろした。
久しぶりに再会した彼女は、「謎の病」によって相次いで両親を失い、ひとりぼっちになっていた。
会うのはおろか連絡すらつかなかった今日までの九ヶ月余りの間の出来事を、彼女は切々と語り始めた。中途半端な慰めの言葉を挟む事なく、僕は黙ってそれを聞いていた。

「お父さんとお母さんは‥‥‥星になるのよ‥‥‥‥‥」
彼女は星空を見上げ、まるで自分自身に言い聞かせる様に今夜何度目かになる同じ台詞(セリフ)を呟いた。頷(うなず)く代わりに僕も、頭上にきらめく無数の星々を改めて仰ぎ見る。
「軌道エレベーター計画」が実行に移されれば、謎の病の犠牲となった他の人々と共に彼女の両親の体も、放射性廃棄物として宇宙空間に投棄されていくだろう。硬く手を繋いだまま宇宙を漂う彼女の父と母、その二人の姿が目に浮かんだ。
「君の父さんの考えが正しければ‥‥・、宇宙空間に放出されてもみんな生き続けられるはずだ。みんなの体の時間が止まったままでいる限り、決して損なわれることはない。『違う時間の流れ』と言う宇宙服を身にまとっているみたいなものだからね」
僕の言葉に彼女は、今夜初めての笑顔を見せた。
「すてき。もしかしたら長い長い時間をかけて、遥か遠くの惑星に流れ着くかも知れない‥‥。そうしたらまた止まっていた時間が動き出して、きっとその星で暮らしていくんだわ‥‥‥‥」
僕はゆっくりと頷いていた。彼女の父親が残していった考えは、僕の心をも捉え始めていた。それには希望の温(ぬく)もりがあった。

「私も‥‥‥すぐに行く。きっとすぐに‥‥‥‥‥‥‥」しばらくの沈黙の後、彼女はぼそりと言った。
僕はその言葉に、今夜彼女と再会した瞬間に微かに感じた違和感みたいなものを思い出していた。その正体は、辛い経験をしてきた彼女の精神から来るものだと納得しようとしていたが、今は明らかに彼女の肉体から感じ取れたものだと分かった。

彼女はすでに謎の病にかかって‥‥・硬くなり始めている‥‥‥‥‥‥‥‥‥

次回へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。