悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (76)

第二夜〇仮面 その二十

何かが‥起こる気がした‥‥‥‥‥

ワタルは、この「胎内くぐりの洞窟」に入って異世界へ迷い込んだ。
ただのアニメのお話と片づけられなかった。だって私は、この地を訪れてすでに信じられない事態に見舞われているし、胎内くぐりの洞窟はこの地の象徴的存在の一つ。ここは古(いにしえ)より語り継がれた『切っ掛けの地』なのだ。何も起こらないはずが無いではないか。

また‥みんなに会えるかもしれない。
そうでなかったら‥‥そうでなかったとしても‥‥‥、みんなが「認識できない」でいるこの世界で生きていくより、別の世界へ迷い込んでしまっても私は一向(いっこう)に構わないのだ。


大きな岩が組み合わさってできた洞窟の中は、勇んで飛び込んだ私の足を止めさせるほど暗く、ひんやりしていた。
照明は用意されていない。手探りで進むべきかとためらっていると、次第次第(しだいしだい)に闇に目が慣れてきた。
目が慣れてみると、岩肌全体が白っぽいお陰だろうか、天井や両側に迫る壁との間合いがちゃんと把握できるし、足元も3メートルほど先まではぼんやりと見て取れた。ゆっくり進めば不都合は無さそうだ。
私は右手で岩壁に触れる。多少のでこぼこはあるが滑らかに摩耗していて、ぶつかって怪我をしそうな出っ張りはほとんど無い。進もう‥。壁に触れている右手をそのまま這(は)わせる様にして私は前進し始めた。

注意深く進んでいくと、胎内を象徴していると言うその洞窟は決して単調な構造ではない事が分かる。右に左に曲がりくねっていて先がどうなっているのか予想ができないし、さらには、大きな人は通れるのだろうかと疑われる幅が極端に狭(せば)まった岩と岩の隙間や、身を屈めても頭が閊(つか)えてしまいそうな低い天井が続いている(まるで動物の巣穴みたいな)場所もあった。
観光気分で気軽に楽しめるところではないと知って、持続させなくてはならない緊張感と不安でへとへとになりそうだった。それでも私が先へと進んだのは、現状を変えてくれる何かが起こってほしいと願う大きな期待。駐車場にあった「顔出しパネル」が仮面を剥がす装置だったのなら、ここ「胎内くぐりの洞窟」は一体どんな変化をもたらす装置なのだろうか?‥‥‥‥‥

かれこれ‥そんな迷路を彷徨うみたいな前進が二十分ほど続いただろうか‥‥。いきなり四畳半くらいの広さのある仄明(ほのあか)るい場所に出た。見上げると3、4メートル上方の岩の裂け目から僅かに光が射している。風も感じる。少しだが空気が動いている。私は深いため息の様に息を吐き、その風をゆっくりと吸い込んだ。
自分の鼻孔を通過する空気の音だけが‥洞内に小さく響いた‥‥‥‥‥

「え?」

私は何もあるはずのない辺りの空間を見回していた。
違う。今確かに何か聞こえた。人の声の様な‥‥‥‥‥‥。私は全神経を傾けて耳を澄ませた。

‥‥‥‥ ‥‥・・・ ‥‥‥‥ぉ‥‥‥・ ・‥‥ぃぁ ぃぃ‥ ‥‥‥‥‥

「ひっ!人の声だ!それも若い女性の!」
みんなだ!きっとみんなだ!みんなに間違いない!!! 私はいきなり全身の血が湧きたったみたいに興奮した。
「何処から聞こえる? 上の隙間から? それとも前??」薄暗い前方を見据える。「外だ!出口が近いんだ!みんなはもう外に出て外にいるんだ!みんなあァァァ!!」
私は駆け出した。右腕が右の壁に擦れた。左肩を左の壁に打ちつけた。足が縺(もつ)れて膝を突いた。それでも私はお構いなしに、出口に向かって駆けて行った。

次回へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。