帰ってきたぼくらのウルトラ冒険少年画報 (6)

映画「シン・ウルトラマン」の公開が、延期になったみたいです。

前回の「帰ってきたぼくらのウルトラ冒険少年画報(5)」をアップした時には既に発表されていた様で、申し訳ありません。
楽しみが先延ばしになったと言う事で‥‥今回は「シン・ウルトラマン」が飛んでいってしまったイメージから‥・飛行形態のウルトラマンの登場です。

空の青とウルトラマンの赤、シルバーのコントラストが美しいです。

ところで‥、怪獣との戦いを終えて空を見上げ、独特の掛け声と共に舞い上がるウルトラマンは一体その後どうなるのでしょうか?ハヤタ隊員にはどうやって戻るのでしょう?‥‥‥‥‥

そんなシーンが唯一描かれているエピソードがあります。
ウルトラマン 第12話「ミイラの叫び」です。

奥多摩の洞窟より発掘された「ミイラ人間」です。7千年の眠りから目覚め、奇怪な叫び声で怪獣「ドドンゴ」を呼び起こします。

山を砕き現れたドドンゴの雄姿です。
独特のデザインは極めて印象的でした。

クライマックスはウルトラマンとドドンゴの戦い。
ウルトラマンはドドンゴを倒し、地上に平和が戻ります。

ウルトラマンはいつもの様に飛翔し、空へと消えていくわけですが、このお話では違いました。

上空のウルトラマンの手から何やら光線?みたいなものが地上に向かって出され、そこにハヤタ隊員が出現したのです。
興味のある方はご確認を‥。

因みに、飛翔するウルトラマンの写真はBタイプの姿ですが、ドドンゴと戦ったウルトラマンはAタイプだったと記憶しています。その辺はご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。