悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (65)

第二夜〇仮面 その九

顔出しパネルでみんなの顔が剥がれた理由は、解った‥‥‥様な気がする。
しかし私にとって一番知りたいのは、みんなが『仮面』を剥がされてどうなったのか?、どこへ消えたのか?‥‥だと言う事も、分かり過ぎるくらい判った。

「あのォ‥‥‥、残されていたみんなの顔が仮面だとして、みんなは別の顔になったんですか?例えば私が全然知らない顔になってるって事ですか?」
さっきまでの調子から、おじいさんは私の質問にすぐに答えてくれるものだと思っていた。ところがおじいさんは徐(おもむろ)に私から目を逸らし、私が並べた机の上のみんなの顔に今日何度目かの視線を向けた。
おじいさんの唇はしばらく結ばれたままになった。
「あのゥ‥‥‥」沈黙を予期していなかった私は、せっかちに言葉を続けた。
「消えた人達にはもう会えない‥・。仮面が外れて透明人間になったんだ‥‥・。おじいさんはそうおっしゃったと聞いています」

「確かに‥‥言ったかも知れない‥‥‥‥‥」そんな呟きから、おじいさんの口述は再開された。
「なかなか簡単に説明し難い現象なんですが‥‥‥。私は、すべて認識の問題だと考えているんですよ」
「に‥認識?」
「あくまでも仮説に過ぎませんが、あなたのお友達は仮面が剥がれ本来の、或いは本当の顔に戻った。あなたはそれが認識できなくなって、彼女らを見失ったのです」
「ちょっと待ってください。例えみんなが私の知らない顔になって認識できなくなったとしても、目の前から煙の様に消えるわけが無いと思います」私は正直に反論した。
「いや。私がここで指摘している認識は、目で見て得られる視覚情報に対する脳の処理判別能力の事ではありません。言わば人の心の作用‥、人間の精神が物事の本質を知り、明確に把握する概念の事なのです。したがって認識できなくなったと言う意味は、対象が存在しているはずなのにその存在を感じ取る事のできない状況に陥(おちい)った。つまりは透明人間になった様なものだと私は例えてみた訳です」
「すっ、すみません。私はあまり頭の良く無い、ただの女子高生です。もう少し易しく言っていただけると助かります‥・」私はやはり正直に、おじいさんにお願いした。ふたたび眩暈(めまい)を感じ始めたからだ。
「申し訳ない。他に言葉が見つからなかったのです。‥分かりました。それでは、これまでに起こった事例についてまとめてお話しておきましょう」

「今まで、顔出し立て看板で写真を撮って仮面が剥がれ、撮影した当事者の前から忽然(こつぜん)と消え失せたすべての人々は、行方不明になったのでも消滅したのでもありません。その後も何の問題も無く、それぞれがそれぞれの場所で、それぞれの生活を普通に送られています。しかし撮影した当事者の方々だけは、仮面が剝がれた人々を今も認識できず、居なくなったと訴え続けています‥‥‥」
「ああ‥」私は呻(うめ)き声を漏らした。「やっぱり!やっぱり私はもう、みんなに会えないんですね!」悲しみが、涙が、いっぺんに込み上げてきた。私は両手で顔を覆って泣き出していた。
そんな私の様子を見かねたのか、おじいさんが慌てて言った。
「絶望する必要はありません。認識出来なくなった相手に、また新たな認識を持てるよう努めれば良い。そうすればお友達に会える日がいつか必ず来ます」
「‥‥‥‥‥‥新たな‥認識?」私は顔を上げておじいさんを見た。おじいさんはゆっくりと頷いてくれた。「だがその為にも‥‥、あなたに自覚しておいてもらいたい事をはっきりと申し上げておきましょう」

「今回、あなたとあなたのお友達がここ‥切っ掛けの地を訪れて生じた変化は‥‥、あなたのお友達にではなく、すべてあなた自身に起こった事なのです」

次回へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。