悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (51)

第一夜〇タイムカプセルの夜 その三十六

俺が小学生の姿に戻っていたのと呼応するかの様に、委員長の姿もまた、少女へと変貌を遂げていた‥‥・。

「委員長に‥‥‥いったい何をしたんだ?‥‥‥‥」
委員長がただならぬ様子であるのは明らかだ。
「あの子のことなんかほっとけよ。どうでもいいじゃないか」「そうだ、そうだ」「生意気だし」「あの子がいると面白くないよ。もうかかわるなよ」彼ら子供たちが口々に言った。
「‥‥‥‥‥ほっとけない‥よ」俺は彼らに言い返した。「だって、ほっとけない‥・だろう?」次に出た言葉は、自分自身に言い聞かせていた。
たとえ彼女が、俺の感情が拵(こしら)えた存在の委員長だとしても、教壇でへたり込んでうなだれている彼女は、あまりにも愚かだった俺の子供時代が根底から揺さ振られるきっかけとなった原点の場景である様な気が、その時していたのだ。後になればなるほど、どんどん膨らんでいった「後悔」が始まった原点だ。
目の前に立ててある鏡。その鏡に、何かを取り戻したいと願う少年、出来なかった事をやり直したいと願う少年の、素直で切実な表情が映っていた。
俺は、握りしめた両の拳(こぶし)にさらに力を込めた。
「ほっとけるわけ、ないじゃないか!」
彼らの言葉を振り切る様に、俺は教壇に向かって歩き出した。

近づいてみると、委員長は見るも無残な格好であるのが分かった。
ブラウスやスカートはこれでもかという程に裁断されて、辛うじてその切れ端が体にへばり付いている状態。肌は大きく露出して、下着が見えていた。
しかし最も酷かったのは髪の毛である。委員長のトレードマークだった長くてきれいな髪は出鱈目に切り刻まれて、まるで使い古された箒(ほうき)みたいみすぼらしくなっていた。最悪なのは頭の左部分。ごっそりと切り落とされていて、俺はそこに、彼女の左こめかみのやや上に、デジャブみたいに「あの日」とまったく同じものを見る事となった。

直径2センチの白く丸い「はげ」が‥‥‥‥隠しようもなく‥・露出していた。

「‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥」
俺は委員長に近づくこうとする足が止まり、言葉を失った。
予感は当たっていた。まさしく原点ではないか。だったらどうしたらいい?何をやり直せばいい?‥‥‥‥‥‥
しかし俺は足が竦(すく)んだ様に、頭の中も体も竦んでしまい、結局何の良案も持ち得なかった。

「この子、ハゲがあったんだよ」と彼らの一人が言った。
「ハサミで切っている時見つけて、からかったら」「急に涙をポロポロ流し出して‥‥‥‥」
「止まんないんだ」「見てごらん、君の足元‥・」他の彼らが指摘した。
俺は言われた通りに足元を見る。「あ‥‥‥」
足元のすぐ手前に、水たまりが出来ていた。どうやらそれは、今委員長がへたり込んでいる床を中心に広がっていて、半径2メートル程の大きなものになっていた。
「‥こんなに‥‥‥‥泣いたのか‥‥‥‥‥‥」俺は小さな声で言った。急に切なくなって、小さな声しか出なかった。
「泣いてたけど、声は出さないんだ」「そう、涙だけポロポロポロポロ出して、それがやっと止まった頃には‥」「そう、この子の体が小さくなってたんだ」「気味が悪いだろ?」「気味悪いよ」
「変な子‥」「変なの!」「変なヤツ!」

俺は‥‥‥ショックを受けていた。

血まみれなのは心?それとも‥‥‥‥‥‥
委員長の呟きが、俺の脳裏に甦(よみがえ)った。
この涙の水たまりは‥‥‥‥‥‥彼女の心が流した血の‥‥血だまりなのだ‥‥‥‥‥‥
そう思った。

次回へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。