悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (36)

第一夜〇タイムカプセルの夜 その二十一

「こいつ、ハゲてやがんの!」

今振り返ると、どうしてそんな酷いことが言えたのか自分でも分からない。
ただ、委員長のとんでもない秘密を知ってしまって体が熱くなるほど興奮し、鬼の首でも取ったようなのぼせ上った高揚感の中に身を置いていたことは確かだ。

驚いて振り向いた委員長に対して、俺はさらにこう付け加えた。
「おしゃれの振りして、そのヘアバンドはハゲ隠しだったのか!」

付け損ねたヘアバンドを両手に絡めたまま‥‥目を大きく見開いて真っすぐこちらを向いたまま‥‥そのまま‥‥‥委員長は動かなくなった。
俺はこの時、きっと笑っていた。ニヤニヤが顔に張りついていたに違いない。
そう‥‥ほんの数秒後まで‥‥‥‥俺は笑っていた。

驚いている委員長の表情は変わらなかった。しかし、彼女の開かれた両目から大粒の涙が溢れ出し、頬を伝った。後から後から溢れ出て、頬を伝って落ちた。とめどなく、落ちていった。
一切泣き声を上げなかったし‥・しゃくり上げることすらしない‥‥・。委員長が泣いているところを初めて見た‥‥という以前に、そんなふうに泣く子供を見たのは初めてだった。悲しみを訴えているのではない。悲しみを悟られまいと堪(こら)えている‥‥‥堪えて、悲しみが去るのを待っている‥‥‥‥俺にはそんな風に見えた。
俺は、ショックに身を竦(すく)ませた。とんでもないことを言ってしまったのだとやっと気がついた。

校舎のどこかから喚声が聞こえる。囃し立てる声と馬鹿にした笑い。誰かと誰かがいつものようにふざけ合っている。
その時の俺はもはや彼らとは決して相容れることのない、別の世界の住人になっていた。
胸が苦しくなり、冷や汗が噴き出した。いたたまれなくなり、後ずさっていた。
この場を繕う術(すべ)など持ち合わせていない。俺が一方的に委員長に注目しているだけで、彼女は俺のことを「いつもふざけてばかりいる男子の一人」くらいにしか思っていないはずだ。二人だけでまともな言葉の遣り取りをしたことがないし、出来はしない。
逃げるしかないと思った。

カコッ‥・
乾いた木がコンクリートを打つ音がして、俺は振り返った。
渡り廊下に敷かれた簀の子の板が鳴ったのだ。簀の子の板を渡って、誰かが大急ぎで校舎側の出入口に駆け込んだように見えた。
もしかしたら一部始終を見られていたのかもしれないと焦りを感じ、結局これがきっかけとなった。俺は委員長に背を向け、全力で校舎の入口に向かって駆け出した。

「かばんを取って来て、そのまま帰ってしまおう‥‥今日はもうそれでいい‥‥・」
校舎の中うす暗い廊下で息を整えながら、俺は教室に戻ろうとしていた。三階までの階段を登るため近道の廊下を左に折れた時、塵取りと外箒を抱えた島本と出くわした。普段からほとんど話もしない奴だったので、声も掛けずにそのまますれ違った。

「たかが女の子を一人‥‥泣かしただけじゃないか‥‥‥‥‥」
俺は自分自身に何度もそう言い聞かせていた。

次回へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。