悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (29)

第一夜〇タイムカプセルの夜 その十四

「お‥女の子の‥‥‥‥声だ‥‥」俺は言った。
「‥・そうかしら?私には変声期前の男の子の声に聞こえる‥‥・」委員長は言った。
目を閉じて、もう一度ふたりして聞き耳を立てた。

余りにも微かで判別するのは難しいが、すすり泣く声が子供のものであるのは間違いない。
「‥‥もっと近づいて確かめるしか‥・なさそうね」
委員長と俺は、連絡通路からの突き当りの廊下を右へ、声がする方向へと歩き出した。

「泣き声の子は‥‥悪意の犠牲者かもしれないわね‥‥・」さっきまでと同じで、やはり俺の前を歩いている委員長が言った。
「‥‥‥‥‥」俺は答えなかった。別のことで頭の中がいっぱいになっていたからだ。
俺は自分を疑い始めていた。
グラウンドで‥‥みんなの前で‥・島本が指摘したように、このもう一つの校舎を埋めたのは俺自身なのかもしれない‥‥‥・と。
もちろん身に覚えはない。しかし、いつか遠く闇の中へ追いやって見えなくなった記憶が、突然ぼんやりとその輪郭を取り始めることがある。今がそんな感覚で、疑わしい記憶が、委員長と行動を共にする間に、徐々に焦点を結びつつあった。

「子供が泣いている場所まで行けば、この悪意の巣窟を統(す)べるものの正体を突き止められるかもね‥」委員長は言った。
「‥‥‥‥‥‥」今度も俺は答えなかった。
委員長が、俺を誘導しているように思えてならなかった。これではオブザーバーと言うより、ナビゲーターだ。
やはり彼女には、何かの意図があるのだろうか‥‥‥

前方、廊下の左手に、上へと通じる階段が現れた。
委員長が立ち止まり、俺も立ち止まる。
すすり泣きがさっきよりも幾分明瞭になった。明らかに階段、階上のどこかから反響気味に聞こえてくる。
この階段を三階まで登れば、六年生の教室が並んでいるはずだ。少なくとも俺たちの在学中はそうだった。
委員長と俺は顔を見合わせた。

「‥‥行くわよ」委員長が一段目に足を掛けた。

「ちょっと待ってくれ」
「ど‥・どうしたの?」
「何か‥‥違和感を感じるんだ‥‥‥‥」
委員長は足を引き、真っすぐに俺を見た。

俺はこの時、随分と疑り深くなっていたし、妙に頭が回った。
「この校舎の入り口を見つけた時から思ってたんだが‥‥‥、本当に三階はあるのか?」
「どういうこと?」
「入り口があったから、校舎も丸々土の中に埋まってるんだろうと思い込んでないか?入り口を掘り当てたのは、地上からせいぜい五、六メートルの深さだった。もしこのもう一つの校舎が三階建てなら‥‥、屋上と三階部分は、グラウンドの土の外に出てたはずだ」
「‥‥‥そ、その通りね」委員長は頷いた。

俺は委員長の眼差しをしっかりと受け止めていた。さらに説明する。
「それに‥‥・ここが、何かを隠したり封じ込めるために埋められた場所なら、肝心なものはもっと深い所へ埋められてる気がする‥‥‥」
そして最後に、こう付け加えた。
「俺なら‥‥そうする」

次回へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。