悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (26)

第一夜〇タイムカプセルの夜 その十一
黒板消しを持った謎の少年の体当たりによって、委員長の手と俺の手が引き離されてそのまま‥‥繋ぎ直すこともなく‥‥俺たち二人は微妙な距離間で再び歩き出す‥‥‥

手は繋いでいないが、やはり先導するように委員長が俺の前を歩いている。
胸のドキドキが消え去って落ち着いた俺は、今更ながら彼女の行動の意味を考えてみる。
いくら五年と六年の時の「クラスの委員長」であった彼女でも、それはもう昔の話で、今の俺たちに付き合う義務も責任もないはずである。ましてやこんな「地中に埋まっているわけの分からない場所」に、俺の立会人として同行するなんて‥‥‥‥

頭の良い委員長である。もしかしたら委員長は‥‥ここがどういう所で、ここにどんな謎が隠されているのか全て知っていて、その上で俺をここまで誘導してきたのではあるまいか‥‥‥‥
何かの‥‥彼女なりの目的を果たすために‥‥‥‥‥‥
と、そこまで考えた時だった。
「あ‥」委員長が小さな声を出して立ち止まった。

「え?」危うく委員長の背中にぶつかりそうになって俺も立ち止まる。
気がつくと俺たちは廊下の三差路に来ていて、左手に別棟(べつむね)へ通じる広い連絡通路が延びていた。五年六年の教室はそちらの棟にあった。
「どうした‥・」
「見て」委員長は、連絡通路側の床を指差した。

すぐには分からなかった。床の様子に、何か違和感があるなあといった程度。
しかしよくよく見てみると、一面に何百、いや何千という画鋲がぎっしりと敷き詰められているではないか。それも針の部分を全て上に向けてだ。
「おい!こりゃあ⁉」
「‥もしかして、この先に進むなっていう意思表示かしら?」

ククッ‥・
どこからか、複数の子供の忍び笑いが聞こえて来た。

委員長は、まるで挑むように、履いていたパンプスで画鋲を搔き分け始めた。
「‥ったく」俺も廊下に上がる時に靴など脱いでいない。委員長に従うというより小学生どもにバカにされている感じがして、荒々しくそれらを搔き分けていった。

前進するにつれ、さらに腹の立つものが目に飛び込んできた。
左手の壁の掲示スペース、生徒の書道の作品が二十枚程張り出されている。普通なら、「希望」「未来」などの文字が並ぶのだろうが、そこにあったのは、「まぬけ」「馬鹿」「死ね」の罵詈雑言(ばりぞうごん)の数々。「うそつき」「偽善者」「二枚舌」というのもある。
委員長も気づいてこう言った。
「‥・ここはまるで‥‥悪意の巣窟ね‥‥‥‥‥」

次回へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。