悪夢十夜~獏印百味魘夢丸~ (19)

第一夜〇タイムカプセルの夜 その四

とんでもない‥・タイムカプセルを‥見つけちまったもんだ‥‥‥‥‥

俺は、この訳の分からない事の成り行きについて、誰かに説明してもらいたかった。
「なあ‥・俺も黙ってここまで付き合ってきたけどさ、こいつが本当に、俺たちが卒業記念に埋めたタイムカプセルなのか?」
「‥‥‥‥‥‥」答える者はなかった。穴の底にいる木村は別として、山崎と小川は目を泳がせ、高橋と山本は互いを見やったまま言葉を探している。委員長でさえ真っすぐ俺を見たきり、固まっていた。

「ひょっとしてこれって‥あんた自身が仕掛けたサプライズだったりして‥‥。あんた子供みたいないたずらが好きだもんねーえ」部外者のかおりが、茶化す様に俺に言った。
「バカか?おまえ。意味わかんねえよ‥‥」かおりがここにいる意味も全然わからないと俺は思った。

「僕‥‥知ってるよ‥」唐突に声がした。
俺は振り向いた。みんなも、声の主に目を向けた。

十メートルほど離れた場所に、人の形のシルエットが立っていた。
よくよく目を凝らして見ると、さっきまで鉄棒で逆上がりの練習をしていた島本ではないか。
「今のって、島本くんの声?」「久しぶりに聞いたよ!百年ぶりくらい」高橋 山本コンビが言った。

「埋めるのを見てたよ‥‥」島本は呟く様に言葉を続け、ゆっくりと俺を指さした。
「君が‥埋めるのを見てたんだ‥‥‥‥」

「やっぱり!」透かさず、ゆかりが反応した。
「なっ‥何言ってんだ?こいつ」俺は目をむいた。「おまえ何言ってんだよぉ島本‼」
俺は掴みかからんばかりの勢いで、島本に近づいていった。
しかし島本は俺を待つことなく、背後の暗闇にあっと言う間に溶けて見えなくなった。

「‥‥‥‥‥‥」俺は立ち尽くしていた。みんなの視線を背中に感じた。
「俺は埋めてない!第一あんな大きなものを埋められる訳がない!」振り向いて訴えた。弁明ではない。俺は本当にやってなかったんだ。

委員長が、真っすぐ俺を見ていた。
‥‥そうだ。委員長はどんな時だって目を逸らさず、真っすぐ俺を見てくれる。それが委員長だ‥‥‥。
そして彼女が、口を開いた。
「あそこにあるものが本当にもう一つの校舎の入り口で、校舎全体がまだ土の下に埋まってるのなら‥‥‥、とやかく言う前に中に入って確かめてみるべきよね。違う?」

ガラガガガゴォー!
再びグラウンドに機械音が響き渡った。
小川がショベルカーを器用に操り、穴の底まで歩いて行けるなだらかなスロープを拵(こしら)えてくれた。
実に気が利く男であった。

次回へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。