ぼくらのウルトラ冒険少年画報 (46)

最終話「夕暮れ」 その六
三島氏の膨大な著作の中に、「憂国」と言う短編小説と、「行動学入門」と言うエッセイがあります。
この二冊は、「三島氏の進んで行った道」が一体何だったのか、探りあてて辿ってみる時の、いくつか存在するであろう「道標」の様なものだと思っています。
さらに、三島氏が演者(役者)の一面を持っていたことも、道標のひとつであるかもしれません。

決起を呼びかける演説を終え、最後の演壇となったバルコニーから総監室に戻った三島氏は、すべては予定された行動だったのでしょうか、割腹自決します。
正座をして短刀を構える三島氏。同行した盾の会のメンバーのM氏が、関ノ孫六をやはり構えて後ろに立ち、介錯を務める・・そんな様子がありありと目に浮かぶのは、私達が時代劇などで幾度となく型にはまった切腹シーンを観てきたからでしょうが、後に知った細かな情報では、M氏の介錯がなかなか上手くいかず、最後のひと太刀は他のメンバーの手によるものだったそうです。何とも残酷で痛々しい、それが紛れもない現実だった様です。三島氏が絶命し、M氏もすぐに同じ作法で後を追います。
残された盾の会の三名は、ふたりの遺体を整え、切り離された首を置きます。そして総監を拘束から解き、建物を取り囲んでいた警察に総監を伴って投降するのです。事態は、驚くべき結末の波紋を広げながら終息します。

報道で事件を知り現場に駆け付けた、三島氏と親交のあった川端康成氏は、報道陣に囲まれ、切実な言葉を残しています。

「もったいない死に方をしたものです。」

事件の翌日の朝に話を戻します・・・・
学校に到着し教室に入った私は、誰かに問いかけたい衝動を抑える事ができませんでした。
ランドセルを机にかけると、傍にいたクラスメイト(誰だか忘れた)に唐突に話しかけます。
「新聞見たか?」
「はあ??」
「新聞の写真見たか?」
「何や、いったい・・・」
私はその時、他の家がA新聞を購読しているとは限らないと言う事や、他社の新聞の写真が別のものである可能性に思いが至りませんでした。
「新聞の写真がどうした?」

「・・・・人の首が写ってた・・・・・・・気がする・・・」

次回へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。