アメリカからやって来た冒険と大冒険 追記

前回の「マグーの大冒険」に関連して‥と言うより自分のこだわりでしょうか、書いておきたかった事があったので宜しかったらお付き合いください。

アメリカの映画俳優「トム・ハンクス」は皆さんもよくご存知だと思います。
コメディアンとして、難しい役どころを見事にこなす演技派として確固たる評価を得ていて、近年は製作や監督としても活躍中の彼です。「トイ・ストーリー」は日本語吹き替え版が馴染みの我々ですが、原版のウッディの声は彼がやっています。

私がトム・ハンクスを最初に目にしたのは、ラブストーリー映画の中メグ・ライアンのお相手としての彼でしょうか。
その後「フォレスト・ガンプ」が大ヒットし、遡って以前の作品も観るきっかけを得るわけですが、この作品が私にとって彼への認識がしっかりと定まる決定打だった気がします。
決して熱烈なファンではありませんでしたが、スクリーンの中での彼の存在感は大きくかつ揺るぎなく、以降映画館に足を運んだどの作品も満足のいくものでした。

彼は仕事が途切れる事がありません。大作、話題作、問題作、実に多種多様な役柄をこなしていきます。
「アポロ13」では危機的状況に陥った宇宙飛行士のひとりを、「プライベート・ライアン」では特命をうけた小隊を率いる大尉を、「グリーンマイル」では刑務官、「キャスト・アウェイ」では貨物輸送機の墜落で奇跡的に生き残り無人島でのサバイバルを余儀なくされる男、「ターミナル」では母国のクーデターでパスポートが無効になり空港ターミナルから出られなくなった男を、「キャプテン・フィリップス」ではソマリア海賊にシージャックされたコンテナ船の船長を、「ハドソン川の奇跡」ではエンジントラブルでハドソン川に機体を不時着させ乗員乗客を救ったにもかかわらず運輸安全委員会から厳しく追及される機長を演じます。
他にもマフィアの殺し屋、宗教象徴学専門家の大学教授、弁護士、新聞編集者などなど‥‥

いつの頃からか私は、彼の存在を「マグー」と重ね合わせるようになっていました。
トム・ハンクスの一連の仕事が、前回紹介した「マグーの大冒険」で様々な物語の中の人物となって活躍するマグーの在りようと似ていたからです。

「トム・ハンクスの大冒険」。彼の作品群をそう呼ぶこととしましょうか‥‥。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。